光回線の知識

西日本で利用中のフレッツ光を光コラボに転用する

投稿日:

NTT西日本のフレッツ光から、ドコモ光やソフトバンク光などといった光コラボへの
転用を検討している人も少なからず居ると思います。

転用とは言っても光回線を乗り換えるわけですから、手続きだの回線工事だの
結構手間がかかりそうで二の足を踏んでいるケースも多いんじゃないでしょうか。

しかし通常の光回線の乗り換えに比べて、
転用での乗り換えには手間もお金も時間もかかりません。

そこでフレッツ光から光コラボへ転用する際の、
手続き方法から乗り換えにかかる日数やお金について詳しく見ていきたいと思います。

ただしNTTと一括りにされますが、厳密に言うと「NTT西日本」と「NTT東日本」は
別会社で、手続き方法なども多少違っています。

ですからここでは、
NTT西日本のフレッツ光から光コラボへの転用について説明していきますよ。

NTT西日本のフレッツ光から光コラボに転用するには

NTT西日本でフレッツ光を解約して、光コラボを新規で開通させるのは
通常の乗り換え方法で、転用での乗り換えにはなりません。

フレッツ光から光コラボへ転用で乗り換えるのであれば、
まずNTT西日本で「転用承諾番号」を取得することになります。

NTT西日本で転用承諾番号を取得したら、
それを使って乗り換え先の光コラボに転用を申し込みます。

あとはNTT西日本と光コラボ事業者との間で回線の切り替え工事が行われれば
転用手続きは完了、自宅で光コラボが利用できるようになるんですね。

通常の乗り換え方法では新たに利用する光コラボの開通工事が必要ですが、
転用ではフレッツ光の回線を転用先の光コラボでもそのまま使うので大掛かりな
回線工事が必要ありません。

そのため工事業者と工事日を調整する必要も無く、開通工事費も発生せず、
申し込みから工事までの待ち時間も短くて済むというわけなんですね。

転用手続きの前に確認しておくこと

NTT西日本で転用承諾番号を取得する前に、確認しておいた方が良いことがあります。

それプロバイダの問題で、フレッツ光から光コラボに転用することでプロバイダが
変わってしまう恐れがあるということです。

フレッツ光は、NTT西日本でもNTT東日本でも、
プロバイダが別契約ですからプロバイダを自由に選ぶことができます。

対する光コラボはプロバイダ一体型で、利用できるプロバイダが限られています。

中には「ドコモ光」のように20数社からプロバイダを選べるところもありますが、
大抵の光コラボは
 ・ビッグローブ光・・・Biglobe
 ・So-net光・・・So-net
 ・@nifty光・・・@nifty
 ・ソフトバンク光・・・Yahoo!BB
などのように利用できるプロバイダが1社に限定されています。

ですから、フレッツ光で「OCN」をプロバイダとして使っていても、
転用先がビッグローブ光だとプロバイダも「Biglobe」に変えざるをえないんですね。

プロバイダが変わると、プロバイダメールのアドレスが変わるなどこれまで使っていた
一部のオプションサービスが使えなくなります。

またプロバイダのWi-Fiルーターレンタルのサービスを利用していると、
プロバイダ変更に伴ってWi-Fiルーターを返却しなければなりません。

ですから、メインで使うメールをプロバイダ変更の影響を受けない「Gmail」などの
フリーメールに変えておく、Wi-Fiルーターを自分で調達するなどといった対策が
必要なんですね。

プロバイダメールのアドレスが変わったり一部のオプションが使えなくなると困る
という場合には、フレッツ光と同じプロバイダが利用できる光コラボに転用する方法も
あります。

ただしプロバイダありきで選ぶとなると、
選択肢となる光コラボがかなり限られてしまいます。

NTT西日本で転用承諾番号を取得する

NTT西日本で転用承諾番号を取得する方法は
 ・電話
 ・フレッツ光公式サイト
の2つです。

まず電話での取得方法ですが、専用ダイヤルである「0120-533-104」に電話をかけて、
オペレーターに必要事項を伝えると転用承諾番号を発行してもらえます。

電話で取得する場合は口頭で転用承諾番号が伝えられることになるので、
メモする際に聞き間違ったり書き間違ったりしないように気をつけましょう。

電話の受付時間は9時から17時で、12月29日から1月3日までの年末年始を
除いて、土日祝日も手続きを受け付けています。

光コラボ事業者各社では19時20時と比較的遅い時間まで電話を受け付けていますが、
NTT西日本が9時17時なのはさすが「元公社」といったところでしょうか。

転用承諾番号の取得手続きをするための専用ダイヤルではありますが、
曜日や時間帯によってはオペレーターに繋がりにくいこともあります。

ただ電話だとオペレーターと直接話ができますから、
転用に関して分からないことなんかもついでに聞くことができますよ。
(転用承諾番号取得以外の手続きはできない)

NTT西日本のフレッツ光サイトで転用承諾番号を取得する

NTT西日本の電話の受付時間が17時までですから、仕事や学校などの
都合によっては受付時間内に電話をかけることが難しいこともありますよね。

そんな場合は、
NTT西日本のフレッツ光サイトでも転用承諾番号取得の手続きができます。

Googleなどで「NTT西日本 転用承諾番号」と検索するか、
アドレスバーに「http://flets-w.com/collabo/」と入力して手続きサイトにアクセスします。

個人情報の取扱いなど注意事項を読んで同意するにチェックを入れて、
必要事項を記入すれば、「お申込み完了画面」に転用承諾番号が表示されます。

同時に必要事項として記入したメールアドレスにも、
転用承諾番号が記載されたメールが送られてきます。

電話での手続きと違って文字で転用承諾番号が表示されるので、
聞き間違いや書き間違いといったミスは起こりにくいと思いますよ。

ただしフレッツ光サイトでの転用承諾番号取得手続きも24時間いつでもOK
というわけではなく、7時から25時までと時間が限られています。

転用承諾番号を取得したら15日以内に転用先の光コラボに申し込む

NTT西日本で転用承諾番号を取得したら、
15日以内に転用先となる光コラボに申し込まないといけません。

実は転用承諾番号には有効期限があり、その有効期限が15日間となっています。

取得から15日以上経過した転用承諾番号は無効で、
転用手続きを行うには再度NTT西日本で転用承諾番号を取得し直すことになります。

転用承諾番号を取得してから転用先の光コラボを検討していると15日間は
アッという間ですから、転用先の光コラボをしっかりと決めてから転用承諾番号を
取得するようにしましょう。

転用先の光コラボに申し込んだら、
あとは回線の切り替え工事が行われるのを待つだけです。

回線の切り替え後にフレッツ光を解約しなくても良い?

転用では、フレッツ光から光コラボに回線が切り替わったら、
フレッツ光は自動的に解約される仕組みとなっています。

ですから回線切り替え後に、
NTT西日本でフレッツ光の解約手続きを行う必要は無いんですね。

ただし先にも書いたように、フレッツ光はプロバイダが別契約ですから、
回線切り替え後にはプロバイダの解約手続きは必要です。

光コラボのようにプロバイダ一体型だと、
光回線を解約するとプロバイダも同時に解約となるケースが多くなっています。

しかしフレッツ光のようにプロバイダが別契約となっている場合は、
フレッツ光を解約してもプロバイダは自動的に解約とはならないので、
別途プロバイダの解約手続きが必要なんですね。

転用承諾番号取得手続きで必要なものは?

転用承諾番号は誰でも取得できるものではないので、取得手続きの際には
フレッツ光の契約者本人であることを証明するいくつかの情報が必要となります。

まず光コラボに転用する回線を確認するために
 ・お客さまID(CAFで始まる13桁の英数字)
 ・回線ID(Lではじまる16桁の英数字)
 ・光電話の電話番号
 ・連絡先として登録にしている電話番号
のいずれかが求められます。

他にも
 ・フレッツ光の契約者名
 ・フレッツ光の利用場所住所
 ・転用承諾番号の通知先となるメールアドレス
 ・フレッツ光の料金支払い方法
も必要です。

「お客さまID」や「回線ID」以外は頭に入っていると思いますが、
念のため転用承諾番号取得手続きの際は、
フレッツ光契約時に送られてきた「開通のご案内」を用意しておきましょう。

NTT西日本の契約書類は再発行した方が良い?

実はフレッツ光から光コラボに転用しても、「お客さまID」はそのまま引き継がれます。

今後転用先の光コラボで契約内容を変更したり、
解約・事業者変更といった重要な手続きの際には「お客さまID」が必要となります。

ですから転用の手続きに入る時点で、「お客さまID」が記載されている
「開通のご案内」が手元に無い場合は再発行しておきましょう。

「開通のご案内」の再発行手続きは電話のみの受付で、
「0120-685-310」に電話をかける再発行手続きができます。

受付時間は9時から17時、年末年始以外は土日祝日もOKですが、転用承諾番号
取得手続きの専用ダイヤルとは番号が違うので間違えないようにしてください。

フレッツ光から光コラボへの転用にかかる日数は?

転用では大掛かりな回線工事が不要なので、
通常の乗り換え方法に比べると回線の切り替えに日数を要しません。

とは言え、転用の手続きをしたらすぐに回線の切り替え工事が行われるというわけでも
ありません。

申し込む時期などにもよりますが、転用の手続きを行ってから回線の切り替え工事が
行われるまで大体10日から2週間程度かかると思っておいた方が良いでしょう。

ただ通常の乗り換え方法では、回線が切り替わるまでに
インターネット回線が使えない期間が発生する恐れがあります。

しかし転用の場合は、回線の切り替え工事が行われるまではフレッツ光が使えるので、
自宅のインターネット回線が使えない期間が生じることはありませんよ。

転用手続きで発生する費用は?

手軽に乗り換えられると言っても、フレッツ光から光コラボに転用するのに
いくらぐらいのお金がかかるのかは気になるところです。

通常の乗り換え方法で発生する恐れがある費用としては
 ・フレッツ光の違約金
 ・フレッツ光の開通工事費の残債
などが挙げられます。

転用は特別な乗り換え方法となっているため、
フレッツ光が更新月でなかったとしても違約金は発生しないことになっています。

またフレッツ光の開通工事費の分割払いが残っている場合も、
転用先の光コラボに引き継がれるだけで、転用時に一括精算する必要がありません。

さらに転用承諾番号の取得に手数料はかかりませんし、
回線の切り替え工事にも工事費は発生しません。

なのでフレッツ光から光コラボへの転用では、
転用先の光コラボの契約事務手数料ぐらいしかお金がかからないんですね。

通常の乗り換え方法だと、違約金や開通工事費で数万円かかることもありますが、
転用だと2,000~3,000円で済みます。

転用でも工事費が発生することがある

転用では基本的に工事費は発生しないものの、
場合によっては工事費の発生する回線工事が必要となることもあります。

例えば、フレッツ光で最大通信速度100Mbpsだったものを、転用先の光コラボで
最大1Gbpsにグレードアップさせる場合には回線工事が必要で工事費も発生します。

また転用と移転を同時に行う場合も、工事費を払うことになります。

簡単に言うと、引っ越しに伴ってフレッツ光から光コラボに転用する場合は工事費が
発生するってことです。

同じNTT西日本エリア内での引っ越しでは、「フレッツ光を移転して転用する」という
扱いになり、10,000円前後の工事費が必要です。

NTT西日本エリアからNTT東日本エリアに引っ越す場合は、「新規」扱いとなるので、
光コラボを新規開通する際と同じ工事費を払うことになります。

NTT西日本を装った乗り換え詐欺も多いので要注意

最近は少なくなってきているようですが、
NTT西日本を装った勧誘電話がかかってくるといったことがあります。

単なるフレッツ光のプラン変更だと思わせて、言葉巧みに転用承諾番号を
取得するように誘導して光コラボに転用させてしまうといったことがあるんだとか。

中には、本来契約者でないと取得できない転用承諾番号を勝手に取得して、
ユーザーの知らない内に転用させられていたなんてこともあったようです。

実際にこうした不適切な勧誘活動を行ったということで、
総務省から行政指導を受けている光コラボ事業者もいくつかあります。

NTT西日本は、余程の緊急事態でもない限りは、
プラン変更ぐらいのことでユーザーに直接電話をかけてくることは100%ありません。

光コラボに転用してしまったものをフレッツ光に戻すことはできますが、
多少の手間とお金がかかってしまいます。

なので「NTT」+「料金が安くなる」「割引」などのワードが出てきたら、
NTT西日本でないと判断して相手の話に乗らないようにしましょう。

-光回線の知識

Copyright© 光コラボ「事業者変更」で得するコツ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.