光回線の知識

転用に必要な手続きは?NTT東日本のフレッツ光を転用する

投稿日:

光コラボの開始から数年が経過しましたが、いまだに「転用」というシステムが
よく分からず、光コラボへの乗り換えに二の足を踏んでいるフレッツ光ユーザーも
少なくないんじゃないでしょうか。

しかし転用のシステムが分かれば、むしろ転用以外の方法よりも手間もお金も時間も
かけずに光回線を乗り換えることができるんです。

ただNTTには「NTT東日本」と「NTT西日本」があり、
それぞれで転用の際の手続き方法が若干違っていたりします。

そこで、「NTT」で一括りにすると分かりにくくなることもあるかもしれないので、
今回はNTT東日本のフレッツ光から光コラボへの転用について詳しく見ていきたいと
思います。

NTT東日本のフレッツ光から光コラボへの転用するには

まずNTT東日本のエリアで利用しているフレッツ光から光コラボへ転用する際の、
手続きの流れについて簡単に押さえておきましょう。

NTT東日本でフレッツ光を解約して、新たに利用する光コラボを新規で申し込むのは
転用ではなく従来通りの乗り換え方になります。

転用での乗り換えでは、まずNTT東日本で「転用承諾番号」を取得し、
その番号を使って転用先の光コラボに申し込みます。

そうするとNTT東日本と光コラボ事業者の間で回線の切り替え工事が行われて、
自宅のインターネット回線がフレッツ光から光コラボへと替わります。

通常の乗り換え方法では、乗り換え先の光コラボの開通工事、
さらに場合によってはフレッツ光の撤去工事も含めて2度の回線工事が必要でした。

しかし転用では、フレッツ光の回線をそのまま乗り換え先の光コラボで利用するので、
大掛かりな回線工事は不要なんですね。

そのため工事費が発生しないだけでなく、工事の日程調整や立ち会いの手間、
開通工事実施までにかかる日数を省くことができるわけです。

NTT東日本で転用承諾番号を取得する

フレッツ光から光コラボへの転用では、
まずNTT東日本で「転用承諾番号」を取得しないといけません。

ちなみに、転用承諾番号が取得できるのはフレッツ光の契約者本人だけです。

ですから乗り換え先の光コラボに代行してもらうことはもちろん、
家族であっても契約者に代わって転用承諾番号を取得することはできませんよ。

NTT東日本で転用承諾番号を取得するには
 ・電話
 ・インターネット
の2つの方法があります。

まず電話ですが、NTT東日本の転用承諾番号取得手続き専用ダイヤル
(0120-140-202)で受け付けています。

受付時間は9時から17時で、
年末年始を除いて土日祝日でも転用承諾番号の取得手続きが可能です。

曜日や時間帯によってはオペレーターに繋がるまで多少時間がかかりますが、
転用で分からないことなどをオペレーターについでに聞けるというメリットもあります。

電話で取得手続きを行った場合は、口頭で転用承諾番号が伝えられることになるので、
メモを取る際に聞き間違ったり書き間違ったりしないように注意しましょう。

NTT東日本のフレッツ光サイトでも転用承諾番号が取得可能

転用承諾番号は、
NTT東日本のフレッツ光サイトでも取得することが可能となっています。

Googleなどの検索サイトで「NTT東日本 転用承諾番号」で検索しても良いですし、
アドレスバーに「https://flets.com/tenyou/」と入力しても手続きページにアクセスできます。

個人情報の取扱いなどの注意事項に目を通して「同意する」をチェックして、
次の画面で必要事項を記入することで転用承諾番号が発行されます。

発行された転用承諾番号は申し込み結果画面と、
手続き完了後に送られてくる「NTT東日本での『転用承諾番号』発行のお知らせ」
というメールにも記載されています。

インターネットで手続きする場合は転用承諾番号が文字として残るので、
電話のように聞き間違いや書き間違いといったミスは起こりにくいですね。

ただしインターネットであっても24時間手続きOKというわけではなく、
NTT東日本では8時30分から22時の間でしか手続きを受け付けていません。

転用承諾番号を取得したら速やかに転用の手続きを

NTT東日本で転用承諾番号を取得したら、
できるだけ早く乗り換え先の光コラボに申し込まないといけません。

実は転用承諾番号は15日間しか有効期限がなく、
取得から15日以上経過した転用承諾番号は無効となります。

「15日もある」と思うかもしれませんが、転用承諾番号を取得してから乗り換え先の
光コラボを検討していては15日間なんてアッと言う間ですよ。

転用承諾番号が無効になったら再度NTT東日本での取得手続きからやり直しと
なるので、転用承諾番号を取得したら速やかに申し込み手続きに移りましょう。

乗り換え先の光コラボで申し込み手続きを行ったら、後は回線の切り替え工事が
実施されるのを待つだけです。(切り替え工事への立ち合いは不要)

NTT東日本でフレッツ光の解約手続きを行う必要は無い

転用では、回線の切り替え工事が行われるとフレッツ光は自動的に解約となりますから、
NTT東日本でのフレッツ光の解約手続きは不要です。

またフレッツ光で使っていた「ONU」や「ホームゲートウェイ(HGW)」といった機器も、
そのまま乗り換え先の光コラボで利用します。

通常は光回線を乗り換えた場合はONUやHGWは返却しますが、
転用の際はONUやHGWをNTT東日本に返却しちゃダメですよ。

ただし転用に伴ってプロバイダも変更する場合は、
フレッツ光で利用していたプロバイダの解約手続きが別途必要です。

乗り換え先の光コラボでもフレッツ光の時と同じプロバイダを利用するのであれば、
もちろんプロバイダで解約手続きは行わなくてOKです。

転用承諾番号取得に必要なものは?

NTT東日本で転用承諾番号を取得する際には、フレッツ光ユーザーであることや
契約者本人であることを確認するためのものがいくつか必要になります。

まずフレッツ光ユーザーであることを確認するのに
 ・お客さまID
 ・光電話の電話番号
 ・連絡先として登録している電話番号
のいずれかが必要です。

それから契約者本人であることを確認するために
 ・契約者名
 ・フレッツ光の利用場所住所
 ・フレッツ光の料金支払い方法
を求められます。

料金支払い方法以外の情報はフレッツ光を契約した際にNTT東日本から送られてきた
「開通のご案内」に、料金支払い方法は毎月の料金明細や請求書に記載されています。

「お客さまID」は光コラボに転用後も変わりませんし、
今後転用先の光コラボでも必要になることがあります。

なので、お客さまIDを忘れていてなおかつ「開通のご案内」も手元に無いのであれば、
転用承諾番号取得手続きの前に「開通のご案内」の再発行手続きを行っておいた方が
良いですよ。

転用手続きの際に気を付けることは?

大掛かりな工事不要で手軽に光回線が乗り換えられるとは言うものの、
転用手続きの際には気を付けておかないといけないことがいくつかあります。

まず1つは、フレッツ光から光コラボに転用することでプロバイダを変更せざるを
えなくなる可能性があるということです。

NTT東日本に限らずNTT西日本でもそうですが、
フレッツ光はプロバイダが別契約ですから、プロバイダを自由に選ぶことができます。

ところが光コラボはプロバイダ一体型のサービスで、
ほとんどの光コラボでは利用できるプロバイダが決められています。

中には「光ギガ」のようにプロバイダが別契約になるプランがある光コラボもあれば、
「ドコモ光」のように一体型でも約20社の中からプロバイダが選べる光コラボもあります。

しかし
 ・ビッグローブ光・・・Biglobe
 ・So-net光・・・So-net
 ・@nifty光・・・@nifty
 ・ソフトバンク光・・・Yahoo!BB
などのように、利用できるプロバイダが1社しかない光コラボが圧倒的多数です。

ですから、例えばフレッツ光のプロバイダがBiglobeだとして、
ソフトバンク光に転用するとプロバイダは変更せざるをえないというわけです。

プロバイダが変わると、プロバイダメールのアドレスが変わりますし、
多少光回線の使い勝手が変わる可能性もあります。

ただメインで使うメールを「Gmail」などのフリーメールにしておけば、
プロバイダメールのアドレスが変わってもそれほど大きな影響はありません。

すぐに回線が切り替わるわけじゃない

転用ではNTT東日本と光コラボ事業者との間で回線の切り替え工事が
行われるだけで、大掛かりな回線工事は不要です。

ですから通常の手続きよりも乗り換えに日数がかからないんですが、
さすがに転用の手続きをしたらすぐに回線が切り替わるわけじゃありません。

申し込みの時期などにも因りますが、転用手続きを行ってから回線の切り替え工事が
行われるまで大体10日から2週間程度はかかります。

確かに通常の乗り換え手続きよりは短いものの、
「手軽」という割にはそれなりに日数がかかるんですね。

ただ回線の切り替え工事が行われるまではフレッツ光が使えますから、
工事まで多少日数がかかると言っても、自宅のインターネット回線が使えなくなる
心配はありません。

転用に費用はほとんどかからない

転用の手続き方法や実際に回線が切り替わるまでの日数も気になるところですが、
やっぱり転用にかかる「お金」も気になりますよね。

実はフレッツ光から光コラボへの転用では、ほとんど費用は発生しません。

フレッツ光から光コラボへ乗り換えるということはフレッツ光を解約することに
なるわけですが、転用の場合はフレッツ光の違約金が発生しないことになっています。

またフレッツ光の開通工事費の分割払いが残っている場合も、転用先の光コラボに
支払いが引き継がれるので、転用時に一括で精算する必要がありません。

さらに転用承諾番号を取得するのに手数料もかかりませんし、
回線の切り替え工事の工事費も不要です。

なので転用で発生する費用は転用先の光コラボの契約事務手数料ぐらいで、
転用だと2,000~3,000円程度で光回線の乗り換えができてしまうんですね。

転用でも工事費が発生するケースとは

フレッツ光から光コラボへの転用では、回線の切り替え工事が行われるだけなので、
基本的に工事費は発生しません。

しかし、転用でも工事費が発生するケースはあります。

例えばフレッツ光を最大通信速度100Mbpsで使っていて、転用を機に最大1Gbpsに
グレードアップさせる場合には回線工事が必要で工事費もかかります。

またマンションなどの集合住宅で光回線の配線方式が「VDSL方式」だと、
共用部から部屋までの配線が必要になるのでやはり工事費が発生します。

さらに、引っ越しと同時にフレッツ光から光コラボへ転用する場合も工事費が
発生することになります。

同じNTT東日本エリア内での引っ越しであれば、「転用扱い」になるものの、
10,000円前後の移転費用がかかります。

NTT東日本エリアからNTT西日本エリアに引っ越す場合は、転用云々に関係無く、
「新規扱い」となってしまいます。

なので転用するなら転用先の光コラボの新規開通工事費、
フレッツ光を継続利用するならフレッツ光の新規開通工事費を支払わないといけません。

-光回線の知識

Copyright© 光コラボ「事業者変更」で得するコツ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.