光回線の知識

フレッツ光の転用承諾番号をどうすれば取得できる?

投稿日:

自宅の通信費を抑えるために、フレッツ光から光コラボへの乗り換えを
検討している人も少なからず居るんじゃないでしょうか。

フレッツ光から光コラボへ「転用」で乗り換えることで、
大掛かりな回線工事が不要となり、手軽に乗り換えることができます。

ただ普通にフレッツ光を解約して光コラボに新規申込をしたのでは転用にならず、
フレッツ光で「転用承諾番号」なるものを取得しなければいけません。

ではフレッツ光で転用承諾番号を取得するにはどうすれば良いのか、
取得するにはどういったものが必要なのか、
転用手続きの流れなどについて詳しく見ていきたいと思います。

フレッツ光の転用承諾番号を取得するには

フレッツ光から光コラボへの転用では、
まずフレッツ光で転用承諾番号を取得しなければいけません。

転用承諾番号は、基本的に電話で取得することになります。

初めて光回線を乗り換える場合は分からないことも多いですから、
オペレーターと直接話ができる電話で取得手続きを行った方が良いと思います。

NTT東日本・西日本には
 ・NTT東日本・・・0120-140-202
 ・NTT西日本・・・0120-553-104
とそれぞれ転用承諾番号を取得するための専用ダイヤルが用意されています。

電話で何か手続きを行う場合には、どこが担当窓口かよく分からず、
たらい回しにされたり何度も電話をかけ直したりといったことも少なくありません。

しかしフレッツ光の場合は専用ダイヤルが用意されているので、
転用承諾番号の取得手続きを行う際に担当窓口が分からない心配が無いんですね。

受付時間はいずれも9時から17時と少し短めとなっていますが、
年末年始を除いて土日祝日も受付を行っています。

転用承諾番号はフレッツ光の公式サイトでも取得可能

転用承諾番号取得窓口の電話の受付時間が9時から17時だと、
昼間の仕事だと平日に電話をかけることは難しいですよね。

土日祝日も受け付けているとは言え、土日祝日だとなかなかオペレーターに繋がらず、
長い時間待たされることになってしまいます。

できればオペレーターと直接話ができて、
分からないことも質問できる電話で手続きを行った方が良いと思います。

しかし仕事などの関係で電話で転用承諾番号の取得手続きを行うことが難しい場合は、
フレッツ光の公式サイトでも転用承諾番号を取得する手続きができます。

NTT東日本のフレッツ光を利用している場合は「https://flets.com/tenyou/」、
NTT西日本のフレッツ光を利用しているなら「http://flets-w.com/collabo/」に
アクセスすれば、転用承諾番号が取得できますよ。

電話と違って公式サイトなら24時間いつでも取得OK・・・と言いたいところですが、
公式サイトも受付時間が決まっています。

NTT東日本は8時30分から22時、NTT西日本は7時から25時で、
電話よりは長いものの深夜早朝の時間帯は公式サイトでも転用承諾番号の
取得手続きはできません。

土日祝日も受け付けており、定休日は基本的に無いものの、
年末年始は公式サイトも受付業務が停止されます。

フレッツ光の転用承諾番号取得に必要なものは?

フレッツ光の転用承諾番号は、基本的に契約者本人しか取得できないものです。

ですから、転用承諾番号の取得手続きの際には契約者本人であることが
確認できるものが必要となります。

まずフレッツ光と契約していることが確認できる
 ・お客様ID(CAF番号)
 ・光電話の電話番号
 ・連絡先として登録している電話番号
のいずれか1つが必要です。

加えて
 ・フレッツ光の契約者名
 ・フレッツ光の利用場所住所
 ・フレッツ光の料金支払い方法
も求められます。

またNTT西日本のフレッツ光を利用している場合は、
転用承諾番号を受け取るためのメールアドレスも必要です。

ちなみにNTT東日本のフレッツ光では、取得手続き完了画面に転用承諾番号が
表示されるので、転用承諾番号を受け取るためのメールアドレスは不要です。

CAF番号が記載された契約書類は再発行可能

転用承諾番号の取得手続きに必要なCAF番号ですが、
使う機会がそうそうありませんから、覚えていないのが普通です。

そもそもCAF番号は「CAF」から始める13桁の英数字ですから、
覚えようにも覚えにくくなっています。

そのCAF番号は、
フレッツ光を契約した際に送られてくる「フレッツ光開通のご案内」に記載されています。

「フレッツ光開通のご案内」には、CAF番号以外にも
 ・連絡先電話番号
 ・契約者名
 ・利用場所住所
といった契約者情報が記載されているので、
転用承諾番号の取得手続きの際に用意しておくと便利です。

ただフレッツ光の利用開始から何年も経過していると、
「フレッツ光開通のご案内」をどこに片付けたのか分からなくなってしまうこともあります。

場合によっては、間違って他の使用済みの書類などと一緒に捨ててしまった
なんてこともあるかもしれません。

紛失してしまい「フレッツ光開通のご案内」が手元に無いという場合には、
再発行してもらうこともできます。

NTT東日本・西日本共通で「0120-116-116」に電話をかけることで、
「フレッツ光開通のご案内」の再発行手続きが行えますよ。

フレッツ光から光コラボへ転用後、さらに別の光コラボへ事業者変更する際に
フレッツ光のCAF番号が求められることもあるので、
「フレッツ光開通のご案内」が手元に無い場合は再発行しておきましょう。

転用承諾番号を取得したら15日以内に転用先の光コラボへ申し込む

フレッツ光で転用承諾番号を取得したら、いよいよ乗り換え先の光コラボへ
申し込むわけですが、その際にも注意すべきことがいくつかあります。

1つは転用承諾番号の有効期限が15日間しかないということです。

なので転用承諾番号を取得したら、
15日以内に乗り換え先の光コラボで申し込み手続きを行わないといけません。

取得から15日以上経過すると転用承諾番号は無効となり、転用で光コラボに
乗り換えるには再度転用承諾番号を取得するところからやり直しとなります。

フレッツ光から光コラボへ転用するとプロバイダが変わる?

それから、フレッツ光から光コラボへ転用することで、
プロバイダが変わってしまう恐れがあるということです。

フレッツ光はプロバイダ一体型のサービスではないので、
自由にプロバイダを選ぶことができます。

対して光コラボはプロバイダ一体型のサービスであり、
ほとんど光コラボでは利用できるプロバイダが限られています。

中には「光ギガ」のようにプロバイダが別契約のプランがあるところもありますし、
「ドコモ光」のように一体型でもプロバイダを20社以上から選べる場合もあります。

しかし
 ・ビッグローブ光・・・Biglobe
 ・So-net光・・・So-net
 ・@nifty光・・・@nifty
 ・ソフトバンク光・・・Yahoo!BB
など、選べるプロバイダが1社しかない光コラボがほとんどです。

ですからフレッツ光で利用しているプロバイダによっては、
光コラボに乗り換えることでプロバイダも変更せざるをえなくなるというわけです。

プロバイダが変わると、プロバイダメールのアドレスが変わってしまいます。

「Gmail」などのフリーメールが主流となってきており、
プロバイダメールを使うことが少なくなっているので、
プロバイダメールアドレスが変わっても影響は小さいと思っていませんか?

確かにプロバイダメールを使う機会は少なくなっていますが、
そのフリーメールのアカウント登録にプロバイダメールのアドレスを使うことがあります。

SNSやGoogleなどのアカウント登録にも使うことがあり、プロバイダメールのアドレスが
変わるとこれらのアカウント登録内容を変更しなければいけません。

使う機会は少ないものの、プロバイダメールのアドレスが変わると結構面倒ですよ。

フレッツ光から光コラボへの転用にかかる時間は?費用は?

転用先の光コラボでそのままフレッツ光で使っていた回線が使えるので、
フレッツ光から光コラボへの転用では大掛かりな回線工事が必要ありません。

フレッツ光と転用先の光コラボとの間で行われる回線切り替え工事だけで良いんですが、
さすがに転用の手続きをしたらすぐに回線が切り替わるわけじゃないんですね。

転用の手続きを行ってから回線の切り替え工事が実施されるまで、
大体10日から2週間程度はかかると思います。

転用では回線の切り替え工事が実施された段階で自動的にフレッツ光が解約、
転用先の光コラボが利用開始となります。

ですから回線の切り替え工事が実施されるまで10日から2週間かかると言っても、
その間はフレッツ光が使えるので、自宅のインターネット回線が使えなくなる心配は
ありませんよ。

回線の切り替え工事が実施されると自動的にフレッツ光は解約となりますから、
工事後にフレッツ光の解約手続きは不要です。

ただしプロバイダは別途解約手続きが必要な場合もあるので、転用手続きに入る前に
回線切り替え工事後に解約手続きが必要かどうかプロバイダに確認しておきましょう。

フレッツ光から光コラボへの転用に費用はかからない?

先に書いたように、フレッツ光から光コラボへの転用では大掛かりな回線工事が
行われず、回線の切り替え工事だけです。

回線の切り替え工事には工事費が発生しないので、転用では工事費は不要となります。

さらにフレッツ光が開通した際の工事費の支払いが残っている場合も、
その残債を一括で精算する必要はありません。

フレッツ光の開通工事は
 ・戸建て・・・18,000円
 ・集合住宅・・・15,000円
で、分割払いにすると30回(30か月)払いです。

もし利用開始から2年でフレッツ光から光コラボへ転用すると、
6回分の開通工事費の分割払いが残ってしまいます。

通常は分割払いが残っていると一括で精算しないといけませんが、
転用の場合は転用先の光コラボに支払いが引き継がれます。

なので転用時にフレッツ光の開通工事費の残債を一括精算する必要は無く、
転用先の光コラボで引き続き支払えば良いだけなんですね。

加えて転用承諾番号を取得する際にも手数料が発生しませんから、
フレッツ光から光コラボへの転用では転用先の光コラボの契約事務手数料ぐらいしか
かからないんですね。

ただし最大通信速度100Mbpsを1Gbpsにグレードアップさせる場合など、
転用でも回線工事が必要で回線工事費が発生することはあります。

NTTがフレッツ光から光コラボへの転用を勧めることは無い

「NTTの者ですが」とか「フレッツ光の件でNTTの方から連絡を差し上げています」
などといった電話がかかってきたことはありませんか?

実はこういった電話は全てNTT東日本・西日本がかけたものではなく、
光コラボの事業者や代理店がかけてきたものなんです。

最近は減っていると思いますが、
光コラボが開始された当初はNTTを装った勧誘電話で知らない内に
フレッツ光から光コラボに転用させられていたといったケースもあります。

電話で誘導されて転用承諾番号を取得させられたり、
中には契約者本人しか取得できないはずの転用承諾番号を勝手に取得して
転用手続きが行われたなんてこともあるんだとか。

実際にNTTを装った悪質な勧誘を行ったということで、
総務省から行政指導を受けている光コラボ事業者がいくつかあります。
(2度行政指導を受けている光コラボ事業者も)

余程の緊急事態でもなければ、
NTTがフレッツ光ユーザーに直接電話をかけてくることはほとんどありません。

NTTからの連絡は最初は必ずダイレクトメールなど文書で送られてきますし、
何より「料金が安くなる」「割引が受けられる」といった情報を電話で伝えてくることは
絶対に無いです。

なので「NTT」の後に「料金が安くなる」とか「割引」といったワードが出てきたら、
その場で決断せずに電話を切るようにしましょう。

-光回線の知識

Copyright© 光コラボ「事業者変更」で得するコツ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.