ソフトバンク光に乗り換え(事業者変更)

光ギガからソフトバンク光に乗り換えるには

投稿日:

光ギガについては、何かと良からぬ噂も聞こえてくるし、実際に利用していても
 ・通信速度が遅い
 ・サポート対応があまり良くない
など使い勝手の良くない面もあります。

そこで光回線そのものの使い勝手を良くすることに加えて、
スマホ代も含めた通信費全体を安くするために光ギガからスマホとのセット割がある
ソフトバンク光への乗り換えを検討している場合もあると思います。

通常光回線の乗り換えと言うと、今利用している光ギガを解約・撤去して、
新しくソフトバンク光を契約・開通するのが一般的です。

もちろんこうした手順で乗り換えても良いんですが、光コラボ同士である光ギガと
ソフトバンク光であれば「事業者変更」での乗り換えが可能です。

事業者変更という言葉は聞いたことあるけど、実際にどういったものなのか、
どういう手続きが必要なのかよく分かっていないといったこともあるんじゃないでしょうか。

そこで事業者変更について詳しく見ていくとともに、
光ギガからソフトバンク光への事業者変更の手続きの手順を紹介しましょう。

さらに光ギガからソフトバンク光への乗り換え費用を無料にする方法も紹介しますよ。

光ギガからソフトバンク光への乗り換えは「事業者変更」で

事業者変更は2019年7月1日から利用可能となり、これによって光コラボ同士
あるいは光コラボからフレッツ光への乗り換えが手軽にできるようになったんですね。

それ以前は、光コラボ同士である光ギガからソフトバンク光に乗り換えようと思ったら、
光ギガを解約してソフトバンク光を新規開通させるしかありませんでした。

しかし事業者変更による乗り換えでは、
光ギガで使っている回線をそのままソフトバンク光で使うことができます。

ですから光ギガからソフトバンク光へ乗り換える際に大掛かりな開通工事が必要無く、
手間もお金も時間もかけずに乗り換えられるというわけなんですね。

ただし事業者変更での乗り換えができるのは、フレッツ光回線を使う光コラボ同士か
光コラボからフレッツ光へ乗り換える場合だけです。

フレッツ光の回線を使っていない
 ・auひかり
 ・NURO光
 ・コミュファ光、eo光などの電力系光回線
との間では、事業者変更による乗り換えはできません。

事業者変更と転用って何が違う?

回線はそのままで手軽に乗り換えられると言えば、フレッツ光から光コラボへの
「転用」を思い浮かべる人も多いと思います。

転用と事業者変更はシステム的にはほぼ同じで、詳しくは後述しますが、
手続きの流れもほとんど同じです。

大きな違いは
 ・転用・・・フレッツ光から光コラボへの乗り換え
 ・事業者変更・・・光コラボから光コラボ又はフレッツ光への乗り換え
といった乗り換え元と乗り換え先の違いです。

ただ、一部のネットサイトでは事業者変更のことを「再転用」と表現していたりするので、
「光ギガからソフトバンク光への転用」と言っても通じないわけではありません。

ですからソフトバンク光のサポートセンターに「光ギガから転用したいんですが」
と相談しても、ちゃんと事業者変更について説明してもらえますよ。

事業者変更と転用では発生する費用も違う

事業者変更と転用はシステム的にはほぼ同じで手続きの流れも同じなんですが、
発生する費用には違いがあります。

フレッツ光から光コラボへの転用では、フレッツ光が更新月であってもなくても
フレッツ光の違約金が発生しないようになっています。

またフレッツ光を開通させた際の工事費の分割払いが残っていても、
転用時に精算する必要がありません。
(転用先の光コラボに引き継がれる)

また転用の手続きに必要な転用承諾番号の取得にも手数料が発生しませんし、
回線工事も不要なので当然工事費も発生しません。
(転用でも工事費が発生することはある)

ですからフレッツ光から光コラボへの転用では、
転用先の光コラボの契約事務手数料ぐらいしか費用がかからないんですね。

一方事業者変更の場合は、乗り換え元の光コラボが更新月でなければ違約金が
発生し、開通工事費の分割払いが残っていると一括で精算しないといけません。

さらに事業者変更の手続きに必要な事業者変更承諾番号の取得にも手数料が
かかるので、事業者変更での乗り換えに数万円の費用がかかってしまうこともあります。

転用での乗り換えはタダ同然だけど、事業者変更での乗り換えには
それなりの費用がかかるということは覚えておいた方が良いですよ。

光ギガからソフトバンク光への事業者変更手続きの手順

では実際に光ギガからソフトバンク光に事業者変更する際の手続きについて、
順を追って見ていきましょう。

先に転用と手続きの流れが同じと書きましたが、
光ギガを解約してソフトバンク光を新規開通させたのでは事業者変更にはなりません。

まず乗り換え元である光ギガで「事業者変更承諾番号」を取得し、
それを使ってソフトバンク光に事業者変更を申し込みます。

後は光ギガとソフトバンク光との間で回線の切り替え工事が行われれば事業者変更は
完了、自宅のインターネット回線が光ギガからソフトバンク光に替わります。

「承諾番号を取得」→「乗り換え先の光回線に申し込む」→「回線の切り替え工事」
という流れが転用とほとんど同じとなっています。

光ギガで事業者変更承諾番号の取得

光ギガからソフトバンク光への事業者変更では、
まず光ギガで事業者変更承諾番号を取得します。

転用の際に必要な転用承諾番号は、
フレッツ光の公式サイトでも取得手続きができるようになっています。

しかし事業者変更承諾番号がホームページで取得できるようになっている光コラボは
ほとんど無く、光ギガも電話での取得手続きが必要です。

光ギガのサポートセンター(0570-064-012)に電話をかけ、音声ガイダンスに従って
「解約について(5)」→「解約(2)」へと進むことで事業者変更承諾番号の取得手続きが
行えます。
(サポートセンターの受付時間は10時から18時)

光ギガのホームページには事業者変更承諾番号の取得についての記載が無いので、
どうしたら事業者変更承諾番号が取得できるのか分かりにくいですね。

ちなみに転用承諾番号もそうですが、
事業者変更承諾番号は光ギガの契約者本人でないと取得できません。

たとえ契約者の家族であっても、
契約者本人に代わって事業者変更承諾番号を取得することはできませんよ。

事業者変更承諾番号を使ってソフトバンク光に申し込む

光ギガで事業者変更承諾番号を取得したら、
次は乗り換え先であるソフトバンク光で事業者変更の申し込みを行います。

事業者変更の申し込むは、
事業者変更承諾番号の取得から15日以内に必ず行うようにしましょう。

事業者変更承諾番号の有効期限が15日間しかないので、取得から15日以上
経過すると事業者変更承諾番号は無効となり、再取得が必要となります。

事業者変更の申し込みは、ソフトバンク光のホームページと電話(0120-981-072、
受付時間は9時から22時)で受け付けています。

ホームページの方が時間的な制約はありませんが、電話だとオペレーターと
直接話ができるのでソフトバンク光について分からないことなどを聞くこともできますよ。

事業者変更の申し込みはソフトバンク光公式だけでなく、
ソフトバンク光の代理店でも受け付けています。

代理店であれば、ソフトバンク光の公式特典に加えて、
キャッシュバックなどの独自特典が貰えることもあります。

先にも書いたように事業者変更の手続きには多少費用がかかりますから、
キャッシュバックが貰える代理店で申し込んで費用負担を軽くするのも1つの手ですね。

光ギガの解約手続きは不要

ソフトバンク光に事業者変更を申し込んだら、
後は回線が光ギガからソフトバンク光に切り替わるのを待つだけです。

回線が切り替わると光ギガは自動的に解約となるので、
改めて光ギガの解約手続きを行う必要はありません。

光ギガでプロバイダ一体型のプランを利用している場合は、
プロバイダ(Toppa!)の解約手続きも不要です。
(光ギガ解約と同時に解約となる)

ただし光ギガでプロバイダが別契約となるプランを利用している場合は、
利用しているプロバイダによっては別途解約手続きが必要な場合もあります。

ですからプロバイダが別契約となるプランを利用しているのであれば、事業者変更の
際に解約手続きが必要か、事前に利用しているプロバイダに確認しておきましょう。

事業者変更にかかる時間とお金

事業者変更は大掛かりな回線工事不要とは言え、
手続きをしたらすぐに回線が切り替わるわけではありません。

ソフトバンク光で事業者変更の手続きを行ったら、数日から1週間ほど後に契約書類が
届いて、さらに数日から1週間ほど後に回線の切り替え工事が行われます。

ですから事業者変更の手続きを行ってから回線の切り替え工事が行われるまでに、
少なくとも10日から2週間ぐらいはかかると思っておきましょう。

事業者変更の手続きから回線の切り替え工事までは光ギガが使えるので、
自宅でインターネット回線が使えない期間は生まれません。

ただ、先にも書いたように光ギガは回線の切り替え工事が終わった段階で
自動的に解約となります。

光ギガの更新月の月末に事業者変更の手続きを行うと、
切り替え工事が終わった時には更新月も終わっており、
光ギガ解約で違約金が発生してしまう恐れもあります。

ですから違約金を払わないようにするには、光ギガの更新月内で回線の
切り替え工事が終わるように計算して手続きを開始しないといけませんよ。

光ギガからソフトバンク光への事業者変更で発生する費用

転用だと乗り換え費用はタダ同然ですが、事業者変更では
 ・乗り換え元の違約金
 ・乗り換え元の開通工事費の精算
が発生する恐れがあります。

では光ギガからソフトバンク光への事業者変更で、
いくらぐらいの乗り換え費用が発生するのでしょうか?

まず光ギガで事業者変更承諾番号を取得するのに3,000円の手数料、
さらにソフトバンク光の契約事務手数料として3,000円が必要です。

光ギガが更新月でないと9,975円の違約金、長期利用割引である「長とく」を
使用していてなおかつ利用開始から2年以内の事業者変更だと11,000円の
違約金が発生します。

光ギガの開通工事費は24,000円の24回払いなので、光ギガの利用開始から
2年以内の事業者変更では開通工事費の精算も必要となります。

各種手数料と光ギガの違約金だけでも16,000~17,000円程度、開通工事費の精算が
加わると事業者変更にかかる費用は20,000円前後となってしまいます。

光ギガからソフトバンク光への事業者変更費用が無料になる!?

光ギガからソフトバンク光に乗り換えることで通信費が安くなるとしても、
20,000円前後の乗り換え費用がかかるのは考え物ですよね。

しかし、光ギガからソフトバンク光への事業者変更にかかる費用を無料にする方法が
あるんです。

ソフトバンク光では「あんしん乗り換えキャンペーン」を行っており、
他社光回線からの乗り換え費用を最大10万円まで負担してもらうことができます。

このキャンペーンでは、違約金はもちろん
 ・開通工事費の残債
 ・回線の撤去工事費用
 ・事業者変更承諾番号の発行手数料
なども対象となっています。

光ギガからソフトバンク光への事業者変更で発生する違約金に開通工事費の残債、
事業者変更承諾番号の発行手数料で1万数千円程度の費用を、
全てソフトバンクに負担してもらうことができるんですね。

手続きも簡単で、ソフトバンク光の利用開始5か月目までに、光ギガで違約金や
開通工事費の精算が発生したことが分かる「解約証明書」を提出するだけ。

ちなみにこのキャンペーンでは、違約金などで支払った分をキャッシュバックとして
ソフトバンク光から受け取れるだけで、ソフトバンク光が直接光ギガに違約金などを
払ってくれるわけではありません。

光ギガの解約証明書はどうやったら手に入る?

ソフトバンク光のあんしん乗り換えキャンペーンを利用するには、
光ギガの「解約証明書」を提出しなければいけません。

しかし光ギガに確認したところ、
特に解約証明書のようなものは発行していないとのことでした。

光ギガで解約証明書が入手できないとなると、光ギガからソフトバンク光への
事業者変更ではあんしん乗り換えキャンペーンは利用できないんでしょうか?

実はほとんどの光回線や光コラボの事業者では、解約証明書のようなものは発行していません。

あんしん乗り換えキャンペーンでは、光ギガで違約金や開通工事費の精算が
発生したことが分かる書類を提出すれば良いだけです。

ですから違約金と開通工事費の精算、事業者変更承諾番号の発行手数料の金額が
記載されている、光ギガの料金明細を提出すれば良いんですね。

とは言え、光ギガはペーパーレス化で紙の請求書や料金明細書も発行していません。
(ユーザーが希望しても発行してもらえない)

光ギガのマイページであるMy-Bitにログインして、
料金明細をプリントアウトしたものを解約証明書代わりとして使うことになります。

あんしん乗り換えキャンペーンでは、違約金や開通工事費の精算などが
発生したこととその金額が分かる書類の提出を求めているだけなので、
料金明細画面をプリントアウトしたものでも全く問題ありませんよ。

-ソフトバンク光に乗り換え(事業者変更)

Copyright© 光コラボ「事業者変更」で得するコツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.