光ギガについて

光ギガのサポートセンターでしかできないこととは

投稿日:

光ギガを利用していて、
何か分からないことや困ったことがあるとお世話になるのが「サポートセンター」です。

ところがいざサポートセンターに電話をかけてみると
 ・窓口が違う
 ・マイページで手続き可能
などと言われてしまうこともあります。

事業者によってサポートセンターとマイページの役割が違うので、
マイページで済むことでもついついサポートセンターに電話をかけてしまいます。

そこで光ギガのサポートセンターでは、
どういったことを受け付けているのか詳しく見ていきたいと思います。

また光ギガのサポートセンターの電話が繋がりにくい場合の対処法も紹介しますよ。

光ギガのサポートセンターでは何ができる?

光ギガではサポートセンターとマイページの役割がはっきりと分かれており、契約の
根幹に関わる重要なことは基本的にサポートセンターで手続きするようになっています。

例えば契約内容の確認ぐらいならマイページでもできますが、
その契約内容を変更するとなるとサポートセンターに電話をかけないといけません。

契約の名義や住所、光ギガの料金プランの変更などといったことは
サポートセンターで手続きすることになります。

光回線事業者によっては何でもマイページでできてしまい、
サポートセンターに電話をかける機会がほとんど無いこともあったりします。

しかし光ギガの場合は、マイページでできることが限られているので、
サポートセンターのお世話になる機会は比較的多いかもしれませんね。

光ギガのサポートセンターの電話番号は「0570-064-012」で、
受付時間は10時から18時となっています。(年末年始以外は休業日なし)

フリーダイヤルではないので、対応中はもちろん、オペレーターに繋がるまでの
保留状態の時にも通話料が発生しているので注意しましょう。

契約内容の確認や変更

光ギガの契約内容の確認するだけならマイページでも可能ですが、
変更はサポートセンターでないとできません。

契約の名義を変更することはそうそう無いと思いますが、
料金の支払い方法を変更したいといったことは時折ありますよね。

口座振替にしたけどクレジットカードを作ったのでクレジットカード払いに変えたいとか、
反対にクレジットカード払いを止めて口座振替にしたいとか。

他の光回線事業者だと支払い方法の変更もマイページでできる場合がありますが、
光ギガだとサポートセンターに電話をかける必要があります。

ただ支払い方法の変更では、クレジットカード番号や口座情報など高度な個人情報を
やり取りすることになるので、マイページよりサポートセンターで手続きする方が
安全かもしれないですね。

それから料金プランの変更も、光ギガではサポートセンターで手続きすることになります。

戸建てと集合住宅の違いぐらいで、
料金プランに選択肢の無い光回線も少なくありません。

しかし光ギガの場合、通常のプロバイダ一体型プランに加えてプロバイダが別契約に
なるプランや動画配信サービスがセットになったプラン、使用通信量が少ない人向けの
ダブル定額プランなどがあります。

あまりインターネットを使わないのでダブル定額プランにしていたけど、使用通信量が
増えてきたのでプロバイダ一体型プランに変更するなどといった手続きは
サポートセンターでないとできないんですね。

契約の名義や支払い方法、料金プランなど契約の重要な部分の変更は
マイページではなくサポートセンターでといった感じでしょうか。

簡単な変更ならマイページでも可能

サポートセンターでの手続きが必要なのは、請求先や料金が変わるなど、
契約の重要な部分の変更だけです。

請求先や料金に影響の無い部分の変更であれば、
サポートセンターに電話をかけるまでもありません。

連絡先として登録している電話番号やメールアドレスの変更ぐらいは、
マイページでできます。

ただしマイページでは、
登録している電話番号やメールアドレスを別のものに変更することが可能なだけで、
電話番号やメールアドレスそのものを変更することはできません。

例えば連絡先として光ギガのメールアドレスを登録していたけど、
それをスマホのメールアドレスに変更することはマイページでできます。

しかし光ギガのメールアドレスそのものの変更は、
サポートセンターでないとできないということです。

オプションの申し込みや解約はマイページで

オプションの申し込みや解約も、サポートセンターに電話をかける必要は無く、
マイページで手続き可能です。

ただ「光ギガ電話」と「光ギガテレビ」については、
別途工事や機器の入れ替えが必要だったりするので、
サポートセンターでないと申し込みや解約ができないかもしれません。

しかし「リモートサポート」や「機器保証」、「サポートレスキュー」といった
サポートオプション、動画オプションの「プレミアムTV with U-NEXT」などは
マイページで申し込みや解約ができますよ。

引っ越しによる移転の手続き

転勤などで引っ越すことになり、これを機に光回線を乗り換えることもあるでしょうが、
引っ越し先でも引き続き光ギガを使いたいという場合もあります。

引っ越し先でも光ギガを引き続き利用する場合の、
移転の手続きもサポートセンターでないとできません。

引っ越しの際に必要な手続きは
 ・引っ越し先物件での光ギガの開通手続き
 ・登録住所の変更
などで、事後ではなく必ず引っ越し前に手続きを行うようにしましょう。

引っ越し先での光ギガの開通手続きでは、
引っ越し先の物件にフレッツ光回線が開通していなければ開通工事も必要で、
新規申込の際と同じ24,000円の工事費が発生します。

また引っ越し元の物件で使っていた光ギガの回線を撤去しないといけないケースも
ありますが、フレッツ光回線の撤去工事では基本的に工事費は発生しません。

エラーによる接続不良や機器の故障などトラブル相談

設定時にエラー画面が出て光ギガの接続設定ができないあるいは
機器が故障したなどといったトラブルが発生した場合もサポートセンターの出番です。

他の光回線事業者では、設定などテクニカルなサポートや機器故障のサポートは
別で窓口を設けている場合も少なくありません。

しかし光ギガの場合は、別で窓口は設けられておらず、テクニカルなサポートや
機器故障のサポートも同じ窓口となっています。

分かりやすいと言えば分かりやすいんですが、その分混雑しやすく、
サポートセンターの電話が繋がりにくくなる原因となりますね。

解約手続きはサポートセンターでしかできない

別の光回線に乗り換えるなどで光ギガを解約するとなった場合も、
サポートセンターに電話をかけないといけません。

マイページで解約手続きができる光回線もあったりしますが、
光ギガでは解約は基本的にサポートセンターでの手続きとなります。

また光ギガから別の光コラボへ事業者変更で乗り換える場合、
光ギガで「事業者変更承諾番号」の取得が必要です。

この事業者変更承諾番号の取得手続きも、
光ギガではサポートセンターのみの受付となっています。

アカウントIDの確認、契約書類の再発行

マイページにログインしたり、問い合わせフォームで問い合わせする際などに
光ギガの「アカウントID」が必要となります。

光ギガを解約する場合や別の光コラボで事業者変更の手続きをする際にも、
光ギガのアカウントIDが求められることがあります。

アカウントIDは
光ギガを契約した時に送られてくる契約書類に記載されているんですが、
契約書類をどこに保管したか忘れてすぐに引っ張り出せないこともありますよね。

このようにアカウントIDが分からないあるいアカウントIDが記載されている契約書類を
紛失したという場合にもサポートセンターのお世話になります。

サポートセンターで
 ・契約名義
 ・住所
 ・電話番号
などの本人確認を行うことでアカウントIDを教えてもらうことができますし、
さらに紛失した契約書類の再発行もお願いできます。

契約書類の再発行は問い合わせフォームからでも可能

契約書類の再発行については、サポートセンターに電話をかけなくても、
問い合わせフォームから手続き可能です。

光ギガ公式サイトの問い合わせフォームにアクセスして、必要事項を記入、
問い合わせ内容の欄で「設定通知書の再送」を選択して送信すればOKです。

アカウントIDの確認だけなら、アカウントID無しでもログイン可能なので、
マイページでもできます。

しかしインターネットの接続設定に必要な
 ・接続ID
 ・接続パスワード
は契約書類にしか記載されておらず、マイページでは確認できません。

何かの拍子にインターネットの接続設定がリセットされてしまうことも
あるかもしれないので、光ギガの契約書類を紛失している場合は
再発行しておいた方が良いですよ。

光ギガのサポートセンターの電話は繋がりにくい?

光回線に限らず、サポートセンターやカスタマーセンターの電話って繋がりにくいって
イメージが強いですよね。

なのでサポートセンターへ電話をかけるとなるとちょっと憂鬱になるんですが、
光ギガのサポートセンターも決して繋がりやすいとは言えないようです。

ネットの口コミには、
オペレーターに繋がるまで数十分待たされたといった意見も多くなっています。

実際に何度か光ギガのサポートセンターに電話をかけてみましたが、
特に土日祝日はネットの口コミ通り繋がりにくい感じですね。

ただ平日の午前中や昼間は待たされてもせいぜい2~3分ですから、
サポートセンターに電話をかける曜日や時間帯を選べば長時間待たされることはないと
思います。

繋がらない場合は折り返し希望フォームを活用する

とは言え働いていたり学校に行っていたりすると、平日の午前中や昼間に光ギガの
サポートセンターに電話をかけることは簡単じゃありません。

でも数十分待たされることが分かっているフリーダイヤルでも番号に
電話をかけるというのも、何か馬鹿らしいですよね。

光ギガではそんな電話が繋がりにくい場合のために、
「折り返し希望フォーム」をいうものを用意しています。

光ギガ公式サイトの問い合わせのページにある折り返し希望フォームに必要事項を
記入、希望時間を選択して送信しておくと、希望した時間に光ギガ側から電話を
かけてきてくれます。

これならオペレーターに繋がるまで長い時間待たされて、
無駄に通話料が嵩むといった心配もありませんね。

ただ電話をかけてきてもらう希望時間の選択肢が
 ・いつでも
 ・10時から12時
 ・12時から15時
 ・15時から18時
で、必ずしもこちらの都合の良い時間が選べるというわけでもないんですね。

-光ギガについて

Copyright© 光コラボ「事業者変更」で得するコツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.