光ギガについて

光ギガのひかり電話はアナログ戻し無しで電話番号引き継ぎ可能

投稿日:

「光ギガを使ってるんだけど、
回線速度とか使い勝手にちょっと不満があるから別の光回線に乗り換えたい」

「でも光ギガのオプションとしてひかり電話も使ってて、『アナログ戻し』をしないと
電話番号が変わるのが面倒で乗り換えに踏み切れない・・・」

このように、ひかり電話の電話番号引き継ぎに「アナログ戻し」が必要なので、光回線の
乗り換えに二の足を踏んでいるといったケースも少なくないんじゃないでしょうか。

しかし実際には、光ギガから別の光回線に乗り換える際にアナログ戻しをしなくても、
ひかり電話の電話番号を引き継ぐことは可能です。

では光ギガから別の光回線への乗り換えで、どうしたらアナログ戻し無しで
ひかり電話の電話番号を引き継げるのか詳しく見ていきましょう。

最後にはアナログ戻しの手続き方法も紹介するので、
アナログ戻しが必要な場合は参考にしてください。

光ギガ乗り換えでもアナログ戻し無しでひかり電話の電話番号は引き継げる

光ギガは、NTTからフレッツ光の回線を借りて光回線サービスを行う、
いわゆる「光コラボ」というサービスです。

実は少し前までは、光コラボから別の光回線への乗り換えでは、
ひかり電話の電話番号を引き継ぐのにアナログ戻しが必須だったんです。

しかし2019年7月に「事業者変更」が開始となり、
以降は光ギガを始めとする光コラボからの乗り換えでもアナログ戻し無しで
ひかり電話の電話番号を引き継ぐことができるようになっています。

光ギガから別の光コラボあるいはフレッツ光へ事業者変更で乗り換える場合は、
番号ポータビリティーで電話番号を引き継ぐことができます。

事業者変更での乗り換えに限らず、
 ・auひかり
 ・NURO光
 ・コミュファ光、eo光などの電力会社系光回線
といったフレッツ光以外の回線を使う光回線との乗り換えでも、
番号ポータビリティーでの電話番号の引き継ぎが可能です。

番号ポータビリティーの手続きは事業者やプロバイダなどが代行してくれるので、
申し込みの際に「ひかり電話の利用」と「光ギガで使っていた電話番号を引き継ぐこと」
を伝えておくだけで良いんですね。

光ギガから別の光回線へ乗り換える場合だけでなく、別の光回線から光ギガへの
乗り換えでももちろん番号ポータビリティーで電話番号を引き継ぎができますよ。

ですから現状では、光回線の乗り換えでひかり電話の電話番号を引き継ぐのに
アナログ戻しが必要となるケースはほとんどありません。
(乗り換えに伴ってひかり電話の利用を止める場合ぐらい)

「アナログ戻し」って何?

冒頭から「アナログ戻し」がどういうものか分かっているものとして説明していますが、
中には「アナログ戻しって何?」と思っている人も居るかもしれません。

そこでアナログ戻しについて簡単に説明しておきましょう。

「アナログ戻し」は、文字通り、
ひかり電話をNTTのアナログ電話に戻す手続きのことを指しています。

アナログ戻しが何なのか分かったところで、今度はひかり電話同士で電話番号を
引き継ぐのにどうしてアナログ戻しが必要だったのかが気になりますよね。

今でこそひかり電話同士でも番号ポータビリティーで電話番号の引き継ぎができますが、
少し前までは、フレッツ光から光コラボへの転用を除いて、ひかり電話同士では
番号ポータビリティーで電話番号を引き継ぐことができなかったんです。

一方、アナログ電話とひかり電話の間では、
相互に番号ポータビリティーで電話番号を引き継ぐことが可能となっています。

これを利用して、ひかり電話を一旦アナログ電話に戻しておき、
光回線を乗り換えた後に再度アナログ電話をひかり電話に切り替えることで
ひかり電話同士で電話番号の引き継ぎを行っていました。

アナログ戻しによって、本来不可能なひかり電話同士での電話番号の引き継ぎを
可能にしていたというわけです。

電話加入権無しでもアナログ戻しはできる

「ひかり電話同士で電話番号の引き継ぐのにアナログ戻しが必要」と同じぐらい
勘違いされているのが、「電話加入権が無いとアナログ戻しができない」ということです。

現在でもネットでアナログ戻しについて調べてみると、
「アナログ戻しには電話加入権が必要」としているサイトも少なからずあります。

NTTのアナログ電話を利用するのに電話加入権が必要だった頃には、
電話加入権が無いとアナログ戻しができなかったかもしれません。

しかし現在は電話加入権が無くてもNTTのアナログ電話が利用できるようになっており、
電話加入権が無くてもアナログ戻しは可能です。

NTTのアナログ電話には、開通時に37,000円ほどの施設設置負担金を支払う
「加入電話」と施設設置負担金を払わない「ライトプラン」の2種類があります。

施設設置負担金を支払うことで電話加入権が取得できるので、
施設設置負担金を払わないライトプランには電話加入権がありません。

「アナログ電話(ライトプラン)」→「ひかり電話」→「アナログ電話(ライトプラン)」
という形であれば電話加入権無しでもアナログ戻しも可能です。

ちなみに、開通時に施設設置負担金を払わないライトプランの方が
施設設置負担金を払う加入電話より基本料金が若干割高になります。
(月250円ほど)

光ギガから別の光回線への乗り換えで電話番号が引き継げないこともある

現在では、光回線の乗り換え時にひかり電話の電話番号の引き継ぎで
アナログ戻しが必要になるケースはほとんどありません。

しかし使っている電話番号によっては、
光回線を乗り換える際にどうやっても引き継げないこともあるんです。

フレッツ光から光ギガなどの光コラボへの「転用」、
光ギガなどの光コラボから別の光コラボあるいはフレッツ光への「事業者変更」では
ひかり電話の電話番号が引き継げないことは無いと思います。

しかし光ギガからauひかりなどフレッツ光以外の回線を使う光回線への乗り換えでは、
電話番号によっては引き継げないことがあります。

番号ポータビリティーやアナログ戻しは、
基本的に「NTTがアナログ電話用に発行した電話番号」を使っていないとできません。

ですから光ギガのひかり電話で「ひかり電話用に発行された電話番号」を
使っている場合は、番号ポータビリティーもアナログ戻しもできず、
電話番号を引き継ぐことができないんです。

転用と事業者変更では、例外的にひかり電話用に発行された電話番号でも
番号ポータビリティーができるようになっているだけです。

ここまでもちょっとややこしいんですが、さらにややこしいのが事業者変更でも
番号ポータビリティーでの電話番号を引き継ぎができないケースがあるということです。

例えばソフトバンク光の「ホワイト光電話」など、
光コラボ事業者が独自に行っているひかり電話オプションを利用している場合は、
事業者変更でも電話番号が引き継げない可能性があります。

ホワイト光電話など光コラボ事業者独自のひかり電話オプションを利用している場合は、
auひかりなどとの乗り換えの際と同じで、ひかり電話用に発行された電話番号だと
番号ポータビリティーでの電話番号が引き継ぎができません。

ひかり電話用に発行された電話番号ではアナログ戻しもできないので、
ホワイト光電話でひかり電話用に発行された電話番号を使っている場合は、
光回線乗り換えでどうやっても電話番号を引き継ぐことはできないんですね。

同じソフトバンク光のひかり電話オプションでも「光電話(N)」は、
NTTが提供しているオプションなのでひかり電話用に発行された電話番号でも
番号ポータビリティーでの引き継ぎが可能です。

ちなみに光ギガの「光ギガ電話」もNTT提供のオプションなので、
電話番号がアナログ電話用でもひかり電話用でも番号ポータビリティーで引き継げます。

このようにひかり電話の電話番号を引き継ぎは非常に条件がややこしいですから、
光回線乗り換えの前にNTTに確認しておきましょう。

光回線事業者やプロバイダだと「アナログ戻しが必要」など間違ったことを言われる
恐れがあるので、やっぱり電話のことはNTTに確認するのが一番確実ですよ。

引っ越しに伴う乗り換えだと電話番号の引き継ぎができない

引っ越しを機に光回線を乗り換える場合には、転用や事業者変更での乗り換えで
あっても、電話番号が引き継げないことがあります。

固定電話の電話番号には最初に2~4桁の「市外局番」が付いており、市外への
引っ越しではこの市外局番が変わるので当然電話番号の引き継ぎはできません。

また固定電話には携帯電話やインターネット回線の基地局に当たる「収容局」があり、
収容局ごとに管理している電話番号が違っています。

なので市内あるいは市外でも市外局番が同じ地域への引っ越しでも、
固定電話の収容局が変わると電話番号の引き継ぎはできないんですね。

極端な話、道路を挟んだ向かい側への引っ越しでも、
固定電話の電話番号が変わってしまうことがあるということです。

アナログ戻しの手続き方法

スマホやモバイルルーターなどで使うモバイル回線で次世代の「5G」の開発が
進んでおり、実用化も目の前となっています。

5Gは現在主流の「4G」や「LTE」よりも回線速度や安定性などが大幅に向上するので、
光回線の代わりとして使われることも十分に考えられます。

自宅のインターネット回線を光回線から5Gに変更すると、当然ひかり電話も
使えなくなるので、固定電話の利用にはアナログ戻しが必要となります。

そこで、すぐに必要となることはないかもしれませんが、
参考としてアナログ戻しの手続き方法について簡単に説明しておきましょう。

例えば光ギガの光ギガ電話をアナログ戻しする場合には、
光ギガを解約する前に手続きをしないといけません。

光ギガを解約した時点で光ギガ電話で使っている電話番号が使えなくなってしまうので、
電話番号を引き継ぐのであれば光ギガ解約前にアナログ戻しを行う必要があります。

固定電話からは局番無しの「116」、スマホや携帯電話からは
 ・NTT東日本・・・0120-116-000
 ・NTT西日本・・・0800-2000116
に電話をかけることでアナログ戻しの手続きが行えます。

手続きを行ってひかり電話からアナログ電話への切り替え工事が実施されれば、
アナログ戻しは完了、光ギガの解約へと進むことになります。

アナログ戻しには何日かかる?

光ギガを更新月以外に解約すると9,500円の違約金が発生しますから、
できれば更新月に光ギガの解約手続きを行いたいところですよね。

確実に光ギガを更新月内に解約するには、
アナログ戻しにどれぐらいの日数がかかるのかが分かっていないといけません。

アナログ戻しには回線工事が必要なんですが、自宅のアナログ電話回線の
状態によって「派遣工事」になるか「無派遣工事」で済むかが変わります。

無派遣工事だと工事の立ち会いもも不要で、
早ければ申し込んだ翌日にでも切り替え工事を行ってもらえます。

しかし派遣工事だと立ち会いも必要となり、
申し込んでから工事が行われるまで2週間程度かかることもあります。

アナログ戻しに派遣工事・無派遣工事のどちらが必要かは、
ユーザー自身では判断できません。

なので2週間程度かかる前提で、アナログ戻しの手続きに入った方が良いですね。

アナログ戻しにかかる費用は?

アナログ戻しの際に派遣工事が行われようと無派遣工事で済もうと、
工事費が発生します。

無派遣工事はNTT側でアナログ電話回線を使えるようにするだけなので、
工事費は2,000円です。

派遣工事の場合は、工事内容によって工事費が変わります。

最寄りの電信柱から電話線の引き込みと屋内配線が必要な場合は、
工事費が10,300円となります。

屋内配線は以前使っていたものが残っていて電話線の引き込みだけで済めば、
工事費は7,900円です。

以前アナログ電話を使っていて光ギガ開通に伴ってひかり電話に切り替えた場合は、
無派遣工事で済む可能性が高いと思います。

ただ以前にアナログ電話を使っていても、
屋内配線が断線しているなどといった場合には派遣工事が必要となります。

-光ギガについて

Copyright© 光コラボ「事業者変更」で得するコツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.