光ギガについて

光ギガとフレッツ光は同じ回線だけど違いは何?

投稿日:

「光ギガ」は、フレッツ光の回線を使った光コラボと言われる光回線サービスです。

フレッツ光の回線を使った光回線サービスと言えば、
当然NTTのフレッツ光を思い浮かべますよね。

では「フレッツ光の回線を使う光コラボの光ギガ」と「フレッツ光」では、
何がどう違うのでしょうか?

料金や通信速度など具体的なサービス内容まで含めて、
光ギガとフレッツ光の違いについて見ていきましょう。

光ギガとフレッツ光の違いは何?

光ギガとフレッツ光の違いを一言で言うのであれば、
「自社回線を持っているか否か」ということになります。

光ギガは、プロバイダのToppa!などを運営する「ハイホー」という通信関連の会社が
提供している光コラボサービスです。

失礼な言い方ですが、ハイホーぐらいの規模の会社が安定した通信サービスを
提供できるだけの光回線網を自社で持つことはかなり難しいんですね。

そこでNTTからフレッツ光の回線を借りる形で、
光コラボである光ギガというサービスを提供しているわけです。

一方フレッツ光は、「電電公社」を前身に持つ日本でも指折りの大企業
NTT東日本・NTT西日本が提供する光回線サービスです。

NTTは全国津々浦々に電信柱を設置していますから、
安定した通信サービスが提供できる大規模な光回線網を自社で持つことが
他の通信会社に比べると容易なわけです。

ですから光ギガとフレッツ光の違いは
 ・光ギガ・・・ハイホーがNTTからフレッツ光回線を借りて提供しているサービス
 ・フレッツ光・・・NTTが自社回線を使って提供しているサービス
ということになります。

転用と事業者変更で光ギガとフレッツ光は相互に乗り換え可能

光ギガなどの光コラボとフレッツ光は、同じフレッツ光の回線を使うということで、
相互にしかも比較的手軽に乗り換えることができるようになっています。

フレッツ光から光コラボへの乗り換えは「転用」で、
これは2015年に光コラボサービスが開始された当初から利用できる乗り換え方です。

それまでは光回線を乗り換えるには、
乗り換え元を解約して乗り換え先を新規契約するしかありませんでした。

解約と新規契約の手続きには手間がかかりますし、乗り換え先の回線を
開通させるのに大掛かりな工事が必要ですから費用も時間もかかるんですね。

ところが転用が可能になることで、フレッツ光から光コラボへは簡素化な手続きと
大掛かりな回線工事不要で乗り換えることができるようになっています。

長らくは乗り換えが手軽にできるのはフレッツ光→光コラボの一方通行でしたが、
2019年7月からは「事業者変更」で逆の光コラボ→フレッツ光も手軽に
乗り換えられます。
(光コラボ→光コラボも事業者変更で手軽に乗り換えられる)

事業者変更は転用より費用負担が重い?

手続きが比較的簡素で、大掛かりな回線工事不要など転用と事業者変更には
似ている部分も多いんですが、違う点も少なからずあります。

特に乗り換えにかかる費用面での違いが大きく、転用と同じように考えていると、
事業者変更で乗り換える際に想像以上に費用負担が重くなってしまかもしれませんよ。

転用では、転用先の光コラボでの手続きに必要な「転用承諾番号」の発行には
手数料が発生しません。

またフレッツ光の更新月以外に転用手続きを行っても
フレッツ光の違約金が発生しないですし、フレッツ光の開通工事費の分割払いが
残っていても転用先の光コラボに引き継がれるので精算する必要もありません。

ですからフレッツ光から光ギガへの転用であれば、
乗り換えにかかる費用は光ギガの契約事務手数料3,000円だけということになります。

一方事業者変更の場合は、事業者変更先のフレッツ光や光コラボでの手続きに
必要な「事業者変更承諾番号」の発行に3,000円程度の手数料が発生します。

さらに乗り換え元の光コラボが更新月でなければ違約金が発生しますし、
開通工事費の分割払いが残っている場合は精算しないと事業者変更ができません。

光ギガからフレッツ光への事業者変更の場合、光ギガが更新月で開通工事費の支
払いも終わっていれば、事業者変更承諾番号発行手数料とフレッツ光の
契約事務手数料の合わせて6,000円だけで乗り換えられます。

ところが光ギガが更新月でなければ違約金9,975円、さらに開通工事費の精算も
加わると、乗り換え費用が20,000円前後となってしまいます。

違約金と工事の精算が発生する場合としない場合の差額14,000円は、
フレッツ光では3か月分ぐらいの料金に相当する金額です。

フレッツ光の数か月分の料金が浮くわけですから、
事業者変更の際は違約金と工事費の精算が発生しないようにしたいところですね。

光ギガとフレッツ光ではどちらがお得?

光ギガとフレッツ光の違いは、サービス提供元の事業者だけではありません。

料金やサポート体制などのサービス内容にも違いがありますし、
場合によっては同じ回線を使うにも関わらず通信速度まで変わってくることがあります。

料金や通信速度は光回線を利用する上での損得にも関わってきますから、
光ギガとフレッツ光のサービス提供元以外の違いについても詳しく見ていきましょう。

料金は光ギガの方が安い

光回線の乗り換え先を決める大きな要素となるのは、やっぱり「料金」ですよね。

料金が変わらないか高くなるようなら乗り換える意味がありませんし、
どうせ乗り換えるなら料金が少しでも安くなる方が良いに決まっています。

光ギガの料金は、プロバイダが別契約となるプランが
 ・ファミリー4400・・・4,400円+プロバイダ料
 ・マンション3400・・・3,400円+プロバイダ料
で、プロバイダ一体型のプランが
 ・ファミリー5300・・・5,300円(プロバイダ料込)
 ・マンション4200・・・4,200円(プロバイダ料込)
となっています。

一方フレッツ光の料金は、東日本エリアだと
 ・戸建て・・・5,000円+プロバイダ料
 ・集合住宅・・・4~7戸 4,250円+プロバイダ料
          8~15戸 3,650円+プロバイダ料
          16戸以上 3,250円+プロバイダ料
で、西日本エリアだと
 ・戸建て・・・4,300円+プロバイダ料
 ・集合住宅・・・6~7戸・・・3,950円+プロバイダ料
          8~15戸・・・3,250円+プロバイダ料
          16戸以上・・・2,850円+プロバイダ料
となります。(東日本は「にねん割」、西日本は「光はじめ割」を適用した金額)

プロバイダ料は500円からとなっていますが、
「BIGLOBE」や「So-net」などの有名どころは1,000円ぐらいなので1,000円前後は
かかると思っておいた方が良いと思います。

光ギガでプロバイダが別契約となるプランを利用する場合は、
フレッツ光と料金はほとんど同じか、逆に光ギガの方が少し高くなるぐらいです。

しかしプロバイダ一体型のプランを利用する場合は、
「西日本エリア・集合住宅・建物内でフレッツ光を利用する戸数が16戸以上」という
条件を満たす場合を除いては光ギガの方が安くなります。

光コラボでプロバイダを別契約にするメリットはあまりありませんから、
単純な料金の比較では光ギガの方が安いと言って良いんじゃないでしょうか。

光ギガは「長とく」利用でさらに料金がお得に

光ギガには「長とく」という長期利用割引があり、
これを利用するとさらに料金がお得になります。

長とくが利用できるのはプロバイダ一体型のプランのみで、ファミリー5300の場合は
 ・1~12か月目・・・4,980円
 ・13~24か月目・・・5,300円
 ・25~36か月目・・・5,250円
 ・37~48か月目・・・5,200円
 ・49~60か月目・・・5,150円
 ・61か月目以降・・・4,500円
で、マンション4200の場合は
 ・1~12か月目・・・3,980円
 ・13~24か月目・・・4,200円
 ・25~36か月目・・・4,150円
 ・37~48か月目・・・4,100円
 ・49~60か月目・・・4,050円
 ・61か月目以降・・・3,400円
となります。

正直5年目までは大したことありませんが、6年目以降は戸建てが4,500円、
集合住宅が3,400円ですから光コラボの中でも最安クラスの料金になるんですね。

サポート体制を含めた安心感では断然フレッツ光

料金の安さでは光コラボである光ギガに敵いませんが、サポート面などを含めた
安心感という点では、やはり大企業NTTが提供するフレッツ光に軍配が挙がります。

光ギガを始めとした光コラボは、
回線をNTTから借りていることと徹底したコストカットによって低料金を実現しています。

人件費が削られた結果、サポートセンターの電話が繋がりにくいといったことが
光コラボでは往々してあるんですね。

光ギガでは「折り返し電話予約フォーム」が用意されているものの、やはり
他の光コラボ同様にサポートセンターの電話が繋がりにくいという声が聞かれます。

また2019年6月1日に光ギガの事業がハイビットからハイホーに承継され、
光ギガのサービス提供元が変わってしまっています。

光ギガのサービス自体に影響は無いものの、
ユーザー側からするとサービスの提供会社が変わると不安ですよね。

その点フレッツ光は、契約前と契約後、さらに契約後でも問い合わせ内容によって
電話の受付窓口を変えており、光コラボに比べると電話は繋がりやすくなっています。

さらにNTTがフレッツ光を別の事業者に譲るといったことは考えにくいですから、
フレッツ光の方が安心して使うことはできますね。

通信速度に違いは無い

料金とともに光回線の良し悪しを判断する大きな要素となるのが「通信速度」で、
通信速度が速ければ、少々料金が高くても構わないという人も居るぐらいです。

光ギガとフレッツ光はともにフレッツ光の回線を使うわけですから、
基本的には通信速度に違いはありません。

利用する地域によっては速い遅いがあるかもしれませんが、
それはあくまでauひかりなど他社光回線との比較した場合です。

なので同じ地域で光ギガとフレッツ光を使っていて、
回線が原因でどちらかの通信速度が極端に遅くなるといったことは無いんですね。

プロバイダによっては光ギガとフレッツ光で通信速度が変わることも

光回線の通信速度は、回線そのものはもちろん、
プロバイダによるところも決して小さくありません。

光ギガとフレッツ光でプロバイダが同じなら、
通信速度も同じぐらいになる可能性が高いです。

しかしプロバイダが違うと、同じ地域で利用していても光ギガの方が速いあるいは
フレッツ光の方が速いといったことが起こりえます。

通信速度が速い方が良いのであれば、
光ギガでもフレッツ光でも「v6プラス」に対応したプロバイダを選びましょう。

v6プラスは次世代通信方式の1つで、
従来の通信方式よりも通信速度が速くなる可能性が高くなっています。

v6プラスもしくは同じ効果を持つ通信方式に対応して主なプロバイダは
 ・@nifty
 ・So-net
 ・BIGLOBE(IPv6オプション)
 ・GMOとくとくBB
 ・OCN(v6アルファ)
 ・Yahoo!BB(IPv6高速ハイブリッド)
などで、有名プロバイダを選んでおけば間違いないといったところでしょうか。
(知名度の高くなくてもv6プラスに対応しているプロバイダはある)

ちなみに光ギガでプロバイダ一体型のプランを選んだ場合のプロバイダToppa!は、
残念ながらv6プラスには対応していません。

なので通信速度を重視するなら、光ギガではプロバイダが別契約となるプランと
先に紹介したv6プラス対応のプロバイダを選んだ方が良いんです。

ただプロバイダが別契約となるプランは料金が割高で、
長期利用割引の長とくも使えません。

料金の安さを追求すると通信速度が遅くなる可能性が高く、
通信速度を追求すると料金が高くなる、光ギガって何とももどかしいサービスですね。

-光ギガについて

Copyright© 光コラボ「事業者変更」で得するコツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.