光ギガについて

光ギガはIPv6接続対応なのに通信速度が遅い?

投稿日:

NURO光やauひかりなどで通信速度が最大5Gbpsや10Gbpsのサービスが登場し、
光回線でも高速化が進んでいます。

最大5Gbpsや10Gbpsだと高速化が実感できるんだと思いますが、
従来の最大1Gbpsのサービスだと「速さ」が実感できないことも多いんですよね。

実は最大1Gbpsのフレッツ光やフレッツ光回線を使う光コラボでは、
「IPv6接続」を使わないことには速さが実感できなかったりします。

と言うことは、通信速度に対するネットの評価があまり良くない「光ギガ」では、
IPv6接続が使えないんでしょうか?

そこで光ギガがIPv6接続に対応しているのかどうか、対応しているとしたらどうすれば
光ギガでIPv6接続が使えるようになるのかを詳しく見ていきましょう。

またIPv6接続そのものについても簡単にですが説明するので、
これから光回線やプロバイダを選ぶ際の参考にしてみてください。

光ギガでIPv6接続は利用できる?

光ギガの通信速度に対するネットの評価はなかなか酷いもので、
中には「ガラケーより遅い」という意見まであるぐらいです。

さすがにこれだけ通信速度に対する評価が低いと、光ギガが通信速度アップの
効果があるIPv6接続に対応しているとは考えにくいですよね。

ところが光ギガはIPv6接続に対応しています。

NTTのフレッツ光がIPv6接続に対応していますから、フレッツ光の回線を使う
光コラボである光ギガも当然IPv6接続に対応しているというわけです。

さらに光ギガは、IPv6接続どころか、IPv6接続の中でも通信速度アップの効果が
最も期待できる「v6プラス」にも対応しています。

ですから光ギガでIPv6接続やv6プラスがちゃんと使えていれば、
ネットの評価のように極端に通信速度が遅くなるといったことはないはずなんですね。

IPv6接続対応なのに光ギガの通信速度が遅い理由は?

通信速度アップの効果があるIPv6接続に対応しているにも関わらず、
どうして光ギガの通信速度に対する評価が低いんでしょうか?

1つには、光ギガでIPv6接続を利用するには別途申し込みが必要ということがあります。

普通に光ギガに申し込んだのでは、
従来の通信方式である「IPv4接続」を使うことになってしまいます。

IPv6接続はNTTが提供するオプションですから、NTT東日本もしくはNTT西日本で
「v6オプション」を申し込むことで光ギガでもIPv6接続が使えるようになります。

ちなみに光ギガの公式サイトでは、画面上部に
 ・IPv4
 ・IPv6
とサイト接続に使っているネット回線の通信方式が表示されるようになっています。

光ギガユーザーでなくても表示されるので、自宅のネット回線がどの通信方式なのか
知らない場合は光ギガの硬式サイトにアクセスしてみると良いですよ。

光ギガの通信速度が遅いのはプロバイダの「Toppa!」が原因?

光ギガの通信速度が遅いと言われるもう1つの理由として、
指定プロバイダが「Toppa!」であることが挙げられます。

光ギガは「ハイビット」という会社が運営する光回線サービスですが、
同じハイビットが運営するプロバイダサービスがToppa!なんです。

光ギガでは、プロバイダが別契約となる
 ・ファミリー4400
 ・マンション3400
というプランと、プロバイダ一体型の
 ・ファミリー5300
 ・マンション4200
というプランが選べるようになっており、
プロバイダ一体型のプランを選んだ場合のプロバイダがToppa!となります。

このToppa!もIPv6接続には対応しているんですが、IPv6接続の中でも
最も通信速度アップの効果が期待できるv6プラスには対応していないんです。

そのためプロバイダがToppa!だと、
せっかく光ギガがv6プラスに対応していてもv6プラスを利用することができず、
通信速度アップの効果があまり期待できなくなってしまうんですね。

なので光ギガの通信速度をアップさせたいなら、プロバイダが別契約となるプランで
v6プラスに対応したプロバイダを利用した方が良いんです。

ただプロバイダを別契約にすると、プロバイダ一体型のプランよりも料金が割高になり、
長期利用割引の「長とく」も利用できなくなるのが悩ましいですね。
(長とく利用で5年以上継続すると光ギガの料金が光コラボでも最安クラスになる)

v6プラスに対応しているプロバイダはどこ?

光ギガの通信速度が遅い原因の1つが、
指定プロバイダのToppa!でv6プラスが使えないことです。

幸い光ギガにはプロバイダが別契約になるプランがあり、料金が割高になるものの、
v6プラスに対応したプロバイダを選ぶことで光ギガの通信速度アップが期待できます。

では、その肝心のv6プラスに対応しているプロバイダというのはどれなのでしょうか?

v6プラスに対応している主なプロバイダとしては
 ・@nifty
 ・So-net
 ・GMOとくとくBB
 ・@TCOM
 ・DTI
などがあります。

他にも
 ・BIGLOBE(IPv6オプション)
 ・Yahoo!BB(IPv6高速ハイブリッド)
 ・OCN(v6アルファ)
 ・ぷらら(v6エクスプレス)
などはv6プラス対応ではありませんが、
v6プラスと同じ効果を持つ通信方式に対応しています。

有名どころの
 ・@nifty
 ・So-net
 ・GMOとくとくBB
 ・BIGLOBE
 ・Yahoo!BB
 ・OCN
辺りを選んでおけば大丈夫といった感じですね。

ただ、プロバイダ全体で見るとv6プラスもしくは同じ効果を持つ通信方式に
対応しているところは現状ではそれほど多くないので、プロバイダ選びの際には
v6プラスに対応しているかどうかしっかり確認した方が良いですよ。

また光コラボでは、光ギガのようにプロバイダが選べることは少なく、
指定プロバイダとの組み合わせでしか利用できないものがほとんどです。

そうした光コラボでは後からプロバイダだけ変更することはできないので、検討の段階で
光コラボ自体がv6プラス対応かどうかを確認しておくことがより重要となります。

IPv6接続ってどんなもの?

「IPv6接続」「IPv4接続」「v6プラス」など、
ここまでは光回線の通信方式をある程度理解していることを前提に説明してきました。

しかし中には、IPv6接続やIPv4接続がどういったものなのかよく分からないという人も
居ると思います。

そこで光回線の通信方式について、簡単にですが説明しておきましょう。

まず、
光回線のサービス開始から現在まで主に使われている通信方式が「IPv4接続」です。

インターネットを利用するには、インターネット上の住所であり身分証明書代わりともなる
「IPアドレス」というものが必要です。
(IPアドレスは通常プロバイダから付与される)

IPv4接続では、IPアドレスが約43億個しか使えず、1人で2台3台とネット接続可能な
通信機器を持つのが当たり前となった現在ではIPアドレスが枯渇状態となっています。

それに対してIPv6接続は次世代通信方式で、IPアドレスが340澗個も使えます。

「澗」は兆の1兆倍の1兆倍の単位(ゼロが36個付く)で、340澗個は簡単に言うと
地球上の石ころ全てにIPアドレスを割り当てても余るぐらいの数です。

IPアドレスがたくさん使えることで、どうして通信速度が速くなるのか気になりますよね。

厳密に言うと違うかもしれませんが、IPv4接続は道幅の狭い道路、
IPv6接続は道幅の広い道路と考えると分かりやすいと思います。

同じ交通量でも、道幅の狭い道路だと混雑しやすくスピードが出しにくいですが、
道幅の広い道路だと混雑せずにスピードを出しやすくなります。

これと同じで、IPv4接続は混雑しやすく通信速度も上がりにくいですが、
IPv6接続は混雑しにくく通信速度も上がりやすいというわけです。

IPv4接続の通信速度を落とす2つの原因

使えるIPアドレスが少ないこと以外にも、
IPv4接続には2つの通信速度を落とす大きな原因があります。

1つは、回線の最大通信速度とは別に最大200Mbpsの速度制限が設けられている
ということです。

最大1Gbpsの光ギガで通信速度がどんなに速くても100Mbps程度しか出ないのは、
このIPv4接続の速度制限のせいだったんですね。

それからもう1つ、
混雑しやすい「網終端装置」を経由しないとインターネットが使えないということです。

IPv4接続では、光回線を通じてインターネットに繋がる際に網終端装置というところを
経由してデータをやり取りすることになります。

インターネット利用者数に対して網終端装置の処理能力が脆弱なため、
すぐに混雑を引き起こして通信速度が大幅に落ちる原因となっています。

休日や夜間などインターネット利用が増える時間帯に通信速度が遅くなるのは、
網終端装置の混雑が原因なんですね。

IPv6接続では、最大200Mbpsの速度制限は設けられておらず、網終端装置を経由しなくてもインターネットに繋がります。

IPv4接続で通信速度を落とす大きな2つの原因をIPv6接続では取り除いているので、
IPv6接続だとIPv4接続よりも通信速度がアップするというわけです。

IPv6接続なら何でも良いわけじゃない?

とにかくIPv6接続を使えるようにすれば通信速度がアップするかと言うと、
実はそんな単純なものじゃありません。

一口にIPv6接続と言っても
 ・IPv6 PPPoE
 ・IPv6 IPoE
 ・IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6
という3種類があり、
「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6」でないと通信速度アップはあまり期待できないんです。

1つ目の「IPv6 PPPoE」は、
単にIPv6接続というだけで中身は従来のIPv4接続とほとんど同じです。

網終端装置こそ経由しませんが、最大200Mbpsの速度制限が設けられているので、
通信速度の体感はIPv4接続とほぼ同じとなってしまいます。

2つ目の「IPv6 IPoE」は、インターネット接続の際に網終端装置を経由せず、
最大200Mbpsの速度制限も設けられていません。

ただIPv6接続に対応したサイトやコンテンツを利用する場合しか、
IPv6接続を使うことができないんです。

2019年現在、IPv6接続に対応しているサイトやコンテンツは
 ・Google
 ・Facebook
 ・Instagram
 ・YouTube
 ・ネットフリックス
 ・AbemaTV
 ・DAZN
 ・ウィキペディア
ぐらいしかありません。

官公庁のサイトもIPv6接続に対応していますが、利用する機会がほとんどないですね。

利用頻度の高いサイトやコンテンツでも
 ・Yahoo!
 ・LINE
 ・Twitter
 ・dTV
 ・Hulu
 ・Amazon
 ・楽天市場
などは、今のところIPv6接続には対応していません。

ですからIPv6 IPoEでは、通信速度がアップするのは一部のサイトやコンテンツを
利用する場合のみ、ほとんどサイトやコンテンツでは従来通りの通信速度で、
大幅な通信速度アップは期待できないことになります。

ちなみに光ギガの指定プロバイダであるToppa!は、このIPv6 IPoEに対応しています。

3つ目の「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6」は、特別な技術によってIPv6接続非対応の
サイトやコンテンツもIPv6接続で利用できるようになっています。

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6だとほぼ全てのサイトやコンテンツをIPv6接続で使えるので、
大幅に通信速度アップが期待できるというわけです。

先に紹介したv6プラスやIPv6オプションなどは、提供する会社によって
サービス名が違うだけで、いずれもこのIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6に当たります。

光回線やプロバイダの公式サイトに「IPv6接続対応」と掲載されている場合は、
IPv6 PPPoEかIPv6 IPoEのいずれかの可能性が高いです。

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6に対応している場合はv6プラスやIPv6オプションといった
サービス名が掲載されているはずなので、光コラボやプロバイダを選ぶ際はその辺りを
注意して見ておくと良いですよ。

-光ギガについて

Copyright© 光コラボ「事業者変更」で得するコツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.