光ギガについて

光ギガで解約証明書は発行してもらえる?

投稿日:

光ギガから別の光回線に乗り換える際に、乗り換え先の光回線事業者に光ギガの
「解約証明書」の提出を求められることがあります。

ただ普通に光回線を乗り換えるだけなら解約証明書なんて要りませんから、
光回線の乗り換えで解約証明書が必要と言われてもピンと来ないかもしれません。

また解約証明書が必要になることも頻繁にはないので、
光ギガではどうすれば発行してもらえるのか、
そもそも解約証明書を発行してもらえるのかどうかも分からないですよね。

そこで光ギガでの解約証明書の発行について詳しくみていくとともに、
解約証明書が必要になる光回線の乗り換えを紹介していきましょう。

光ギガで解約証明書は発行してもらえる?

解約証明書が必要になる光回線の乗り換えを紹介する前に、
光ギガで解約証明書を発行してもらうにはどうすれば良いのかを見ていきましょう。

光ギガを解約する時に会員ページや電話で手続きすれば発行してもらえる・・・
と言いたいところですが、光ギガでは解約証明書は発行していないようです。

光ギガの公式サイトを隅々まで確認し、契約約款や重要事項説明書などの
利用規約にも目を通しましたが、解約証明書に関する記載がありませんでした。

一応サポートセンターに電話をかけてオペレーターにも確認しましたが、
光ギガでは解約証明書は発行していないとのことです。

解約証明書が発行されないのは珍しいことではなく、光ギガと同じ光コラボである
 ・So-net光
 ・ソフトバンク光
の公式サイトにも解約証明書を発行しない旨が記載されています。

違約金や工事費の精算が掲載されている明細が解約証明書代わり

光ギガで解約証明書が発行されないということは、光ギガからは解約証明書の提出が
求められるような乗り換えはできないってことなんでしょうか?

結論から言うと、光ギガからでも解約証明書の提出が求められる乗り換えはできます。

解約証明書が発行されなくても、
光ギガから発行される「解約証明書の代わりになる書類」を提出すれば良いだけです。

解約証明書の代わりになる書類というのが、解約する際に発生した違約金や
工事費の精算が記載されている光ギガの料金明細書です。

光ギガの料金は基本的に翌月払いなので、
解約した翌月に送られてくる明細書に違約金や工事費の精算が記載されており、
それを解約証明書代わりに乗り換え先の光回線事業者に提出すればOKですよ。

解約証明書が必要になる乗り換えって?

光ギガを解約して別の光回線を契約する通常の乗り換えでは、
解約証明書が必要になることはほとんどありません。

また2019年7月に始まった「事業者変更」を利用してフレッツ光や別の光コラボに
乗り換える際も、事業者変更承諾番号は必要ですが、解約証明書は不要です。

では解約証明書が必要になるのはどういうケースかと言うと、
光ギガ解約に伴って発生する違約金や工事費の精算などを補填してくれる
キャンペーンを行っている光回線に乗り換える場合です。

光ギガの違約金は9,975円(「長とく」利用で2年以内の解約だと11,000円)で、
開通工事費が24,000円と少し高めの設定なので、解約時期によっては
違約金と工事費の残債合わせて20,000円前後払わないといけません。

解約して使わなくなるサービスに20,000円も払うのはもったいないですから、
それを全額補填してもらえるならありがたいですよね。

そこで光ギガ解約によって発生した違約金などを補填してくれるキャンペーンを
行っている光回線と、そのキャンペーン内容を詳しく見ていきましょう。

ソフトバンク光の「あんしん乗り換えキャンペーン」

乗り換えの際に違約金などを補填してくれるキャンペーンとして一番ポピュラーなのが、
ソフトバンク光の「あんしん乗り換えキャンペーン」です。

あんしん乗り換えキャンペーンでは、光ギガからソフトバンク光へ乗り換える際に
発生する違約金などを最大100,000円まで補填してもらえます。

ただし補填してもらえると言っても、ソフトバンク光が契約者に代わって光ギガに
払うわけではなく、契約者が光ギガ解約の際に払った違約金などの分を後で
キャッシュバックとして貰うことができるだけです。

ですから光ギガの解約費用が「実質0円」になるだけで、このキャンペーンを
利用したからと言って一切費用を払わずに光ギガを解約することはできませんよ。

あんしん乗り換えキャンペーンのキャッシュバック対象は
 ・違約金
 ・回線撤去費用
 ・長期割引の違約金
 ・光電話の撤去費用
 ・アナログ電話復活工事費
 ・開通工事費の残債
 ・転用時の他社プロバイダの違約金
 ・光TVの撤去費用
 ・事業者変更承諾番号発行手数料
などとなっています。

「転用時の他社プロバイダ違約金」や「事業者変更承諾番号発行手数料」も対象に
なっているので、フレッツ光からの転用や光ギガなど別の光コラボからの
事業者変更でもあんしん乗り換えキャンペーンが利用できることが分かりますね。

光コラボ同士の乗り換えは事業者変更で、大掛かりな回線工事不要など、
手軽にできるようになっています。

その上あんしん乗り換えキャンペーンで違約金まで補填してくれるわけですから、
光ギガからの乗り換え先としてはソフトバンク光はかなり有力だと思いますよ。

auひかりの「スタートサポート」

auひかりでも「スタートサポート」という違約金を補填するキャンペーンが
行われています。

スタートサポートでは、auひかりへの乗り換えの際に発生する違約金や
工事費の残債などを最大30,000円まで補填してもらえます。

ソフトバンク光の最大100,000円に比べると金額が小さいですが、
光ギガからの乗り換えでは違約金と工事費の残債の合計が30,000円を超えることは
ほとんど無いですから、最大30,000円でも全額補填してもらえる可能性は高いですよ。

auひかりのスタートサポートでは、戸建てと集合住宅で補填方法が違っています。

戸建ての場合は、光ギガ解約時の違約金などの相当分を
 ・au WALLETへのチャージ
 ・郵便為替
のいずれかで受け取ることになります。

またプロバイダによって補填額の上限が変わり、
 ・@nifty
 ・@TCOM
 ・au one net
 ・BIGLOBE
 ・So-net
だと30,000円
 ・ASAHIネット
 ・DTI
だと15,000円となっています。

光ギガからの乗り換えで違約金と工事費の残債の合計が15,000円を超える場合は、
プロバイダ選びも重要ですね。

集合住宅の場合は、プロバイダによって補填額が変わることはありませんが
 ・au WALLETへのチャージ・・・最大10,000円
 ・月額料金の割引・・・最大20,000円(月1,000円×最大20か月)
といった形で受け取ることになります。

戸建てでは郵便為替にすることで補填額を現金で受け取ることもできますが、
集合住宅だと補填額を現金で受け取るこはできないんですね。

auひかりのスタートサポートはひかり電話の利用が必須

auひかりのスタートサポートを利用する条件として、
 ・ひかり電話
 ・電話オプションパックEX又は電話オプションパック
を利用しなければいけません。

光ギガでもひかり電話を利用しているなら良いですが、
最近は自宅で固定電話を使わない家庭も増えているのでひかり電話の利用は
少し高いハードルとなりかねません。

戸建てで690円(電話オプションパックEX)、
集合住宅で500円(電話オプションパック)を余分に払うことになるので、
違約金などを補填してもらえると言ってもお得感が薄れてしまいますね。

またauスマホとのセット割である「auスマートバリュー」の対象となっている
光回線からの乗り換えではスタートサポートを利用することができなくなっています。

光ギガはauスマートバリューの対象ではありませんが、同じ光コラボでも
 ・ビッグローブ光
 ・So-net光
 ・@nifty光
 ・TCOM光
などはauスマートバリューの対象です。

なので光ギガからauひかりへの乗り換えではスタートサポートが利用できますが、
ビッグローブ光やSo-net光などからauひかりへ乗り換える際にはスタートサポートが
利用できません。

auひかりは光コラボじゃないので光ギガからの乗り換えでは大掛かりな回線工事が
必要ですし、スタートサポートの条件もややこしいので、
光ギガからの乗り換え先としてはあまりオススメできないですね。

コミュファ光の「乗り換えキャンペーン2019」

電力会社系光回線であるコミュファ光では、
「乗り換えキャンペーン2019」で違約金が補填してもらえます。

乗り換えキャンペーン2019では、乗り換え元で違約金が発生した場合に
 ・最大40,000円
 ・最大35,000円+セットアップ無料
のキャッシュバックを貰うことができます。

もし乗り換え元で違約金が発生しない場合でも
 ・5,000円のキャッシュバック
 ・セットアップ無料
のいずれかの特典を受け取ることができます。

ただauひかりのスタートサポートと比べても、
コミュファ光の乗り換えキャンペーン2019は適用条件がややこしくなっています。

まずコミュファ光で
 ・ネット+電話+テレビ
 ・ネット+電話
のいずれかを申し込みます。

さらに
 ・光電話付加サービス割引パックPlus
 ・コミュファ光ビデオ(U-NEXT)
 ・コミュファ光くらしサポート
の有料オプションを最低1つは申し込まないといけません。

乗り換えキャンペーン2019の適用条件はこれでは終わらず
 ・開通時に自宅の電気、ガスの契約内容が分かる検針票などの書類を提示
 ・スマホでMyコミュファアプリをダウンロード、登録、ログイン
 ・開通から3か月以内に指定のアンケートに回答
なども満たさないと、違約金分のキャッシュバックは貰えないんです。

光ギガからコミュファ光への乗り換えでは、auひかりの時と同様に、
大掛かりな回線工事が必要となります。

その上違約金分のキャッシュバックを貰うのに、これだけの条件を満たさないと
いけないとなると、光ギガからの乗り換え先としてはちょっとオススメできないですね。

そもそもコミュファ光は中部電力管内でしか利用できませんから、
中部地方以外に住んでいる場合はコミュファ光を使いたくても使えませんが・・・。

eo光の「他社違約金補填」

eo光でも、
乗り換えで発生する他社違約金を補填してもらえるキャンペーンが行われています。

このキャンペーンでは、ホームタイプ(戸建て)だと最大50,000円、
マンションタイプ(集合住宅)だと最大15,000円までの補填となります。

乗り換え元の光回線解約に伴ってタブレットの端末代精算が発生した場合にも、
最大10,000円まで補填してくれるのが特徴でしょうか。

eo光のキャンペーンはひかり電話など有料オプションの利用が条件となっていないので、
auひかりやコミュファ光に比べると利用しやすいかもしれないですね。

ただeo光は関西電力の関連会社が提供している光回線サービスで、
関西電力管内でしか利用できないので、関西在住以外の人にはオススメできません。

違約金補填とキャッシュバックの両方が貰える?

光回線事業者やプロバイダ、代理店の中には、
キャッシュバックキャンペーンを行っているところがあります。

光回線事業者やプロバイダだと難しいかもしれませんが、
代理店であれば違約金補填とキャッシュバックの両方が貰える可能性があります。

例えばソフトバンク光をソフトバンクショップで申し込むと、
あんしん乗り換えキャンペーンのキャッシュバックしか貰えません。

ところがキャッシュバックキャンペーンを行っている代理店でソフトバンク光を申し込むと、
ソフトバンク光公式のあんしん乗り換えキャンペーンと代理店独自キャンペーンの
両方のキャッシュバックを貰うことができます。

違約金補填だけでも十分お得なんですが、
キャッシュバックキャンペーンを行っている代理店で申し込んで
違約金補填と通常のキャッシュバックの両方貰った方がよりお得ですよ。

-光ギガについて

Copyright© 光コラボ「事業者変更」で得するコツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.