HOME

【恋に効く!?ハンバーグレシピVol.1】恋に効く!?ハート型ハンバーグ

バレンタインに普段はなかなか口には出せないけど、こんな時こそ想いを伝えたい!それならやっぱりストレートに!!というあなたにオススメしたいのがこちらのハート型のハンバーグ。愛を再熱させてくれるきっかけにもなってくれるでしょう。

 

 

●材料(2人前)

<ハンバーグ>

玉ねぎ 140g

バター(または、サラダ油)大さじ1/2

麩 8g

牛乳 25cc

合挽肉 280g

塩 小さじ1/4

*鶏卵 1/2個

*砂糖 小さじ1/4

*こしょう 少々

*ガーリックパウダー 1振

*ナツメグ 1振

*ケチャップ 大さじ1/2

小麦粉 小さじ2

赤ワイン 大さじ1

 

<デミグラスソース>

デミグラスソース 100cc

チョコレート(甘さ控えめなもの) 5g

砂糖 小さじ1

 

<ケチャップクリームソース>

ケチャップ 小さじ2

低脂肪ホイップ 小さじ1

牛乳 小さじ1

 

<バジルクリームソース>

バジルソース 小さじ2

低脂肪ホイップ 小さじ1

牛乳 小さじ1

 

●調理手順

 

  1. 玉ねぎをみじん切りにし、生用90g、ソテー用50gに分けておく。生用は、厚手のペーパータオルに包み、しっかりと汁気を絞る。ソテー用は、耐熱ボウルに入れラップをかけて電子レンジで1分加熱。その後、フライパンにバター(または、サラダ油)を入れ、弱めの中火で10分ほど炒める。粗熱を取り、冷蔵庫で冷やしておく。
  2. 麩をおろし器で擦りおろし、牛乳に浸し、ペースト状にしておく。
  3. ボウルに合挽肉、塩のみを入れ、粘りが出るまで素早く練る。
  4. 3の中に、生用玉ねぎ、冷やしたソテー用玉ねぎ、麩、*の材料を全て加え、均一になるように素早く混ぜ、冷蔵庫で30分寝かせる。
  5. 4を2等分にし、パテをハート型に成型する。亀裂があると割れやすいので、表面はなめらかに調える。
  6. パテに小麦粉を薄くまぶす。フライパンにサラダ油少々をひき、強めの中火で30秒ほど熱してからパテを入れる。1分焼いたら弱めの中火にし、さらに2分焼き、こんがりと焼き色をつける。
  7. フライ返しでひっくり返して、強めの中火にし、赤ワインを加える。蓋をして2分焼き、さらに弱火で7分蒸し焼きにする。
<ソース>
 
  1. 焼いた後のフライパンの焦げカスなどを取り除き、油や肉汁はそのまま残します。そこへ市販のデミグラスソースとチョコレート、砂糖を加え、よく混ぜながら加熱する。濃度が濃い場合は、水で調整する。
  2. ケチャップ、低脂肪ホイップ、牛乳をボウルに入れ、よく混ぜ合わせる。
  3. バジルソース、低脂肪ホイップ、牛乳を耐熱ボウルに入れ、電子レンジで10秒加熱し、よく混ぜ合わせる。
 
 
<仕上げ>
  1. 焼きあがったハンバーグを皿にのせ、デミグラスソースをかける。
  2. ハンバーグの左右にケチャップクリームソース、バジルクリームソースをスプーンで3か所ずつ垂らし、竹串で奥から手前に1本の線を描き、ハートマークを作る。
  3. 付合せは、フライドポテト、ケチャップスパゲッティー、ブロッコリー、ミニトマトです。
●レシピのポイント
 
<ハンバーグ>
  1. 焼いた玉ねぎはしっかりと冷やすこと。
  2. 麩の代わりにパン粉で代用可。
  3. 調理手順3では、塩のみでこねることで、短時間で粘りが出ます。
 
<ソース>
焼いた後のフライパンには、肉や玉ねぎの旨みが凝縮されています。それを市販のデミグラスソースに加えることが、美味しさのポイントになります。

 

■「恋に効く!?ハンバーグ」 考案者 榎本 稔氏プロフィール

 

コーヒーエノモト 榎本ハンバーグ研究所主宰

1974年生まれ。ハンバーグ研究家。調理師、ジュニア野菜ソムリエ。子供の頃から、ハンバーグが食卓に並ぶのが楽しみ。小学生時代に母親のハンバーグ作りを手伝ったのをきっかけにハンバーグ作りにハマる。以来、「自分が食べたくなるものを作る」のを基本として調理の腕を磨く。ファミリーレストランに就職するが、個性的な食へのこだわりから28歳で退職。両親の経営する喫茶店「コーヒーエノモト」を継ぎ、数々の新作ハンバーグを生み出す。現在のオリジナルハンバーグレシピ数は287種類。