HOME

WORRY

おうちでハンバーグを作るときにおきがちな悩み事は、「肉汁が先に出ちゃってパサパサになっちゃう・・・」「生焼けが心配で・・・」「焼きすぎて焦げちゃった!」

 

がんばってつくったハンバーグ生地を火にかけて仕上げる、その間におきるもろもろがみなさまの悩みの種になっているようです。せっかくのおうちハンバーグも、こんな心配が先にたってしまうと安心して調理が楽しめないですよね。
 
本格的なハンバーグに至る前に、まずはこんな基本的、だけど普遍的なおうちハンバーグのお悩みに対する回答をさせていただきます。

 

―ハンバーグはよく作るけれど、いまいち上手に焼けないとお悩みのあなたに、ハインツシェフがおいしい焼き方を伝授します!

 

まずは、「失敗しないおいしいハンバーグの焼き方動画」、こちらをご覧ください!

 

 
■生地作り3つのワンポイントアドバイス

 

 

 

1.たまねぎはできる限り細かくきざんだ方がよく肉に馴染み、ふっくらと焼けます。
2.下味の塩・こしょうは「自分が想像するよりも若干多めの量」を意識して。
3.粘り気がでるまで生地をよく混ぜておくと、焼いた時に割れにくくなります。
 
 
■ハンバーグの焼き方・4つのポイント

1.ハンバーグを入れる前に、あらかじめフライパンを熱くしておきましょう。
2.弱火にしてからハンバーグを入れることで、すべてのハンバーグに均等に色がつきます。
3.焼いている間は、必ずフライパンにフタをしておきましょう。ハンバーグを裏返す時は、じっくり焼いて1回だけに!!
4.火の通りはハンバーグを竹串で刺し、出てくる肉汁が透明になっているかを目安にしましょう。
詳細はこちら

 

どうですか、生焼けでも焦げついてもいない、ジューシーなハンバーグが作れそうな気持ちになってきましたか?!

 

でも、そんなお悩みに対する回答、実はこれひとつだけではありません。次のページでは、焼くのではなく煮込むことで本格的でおいしいハンバーグを作る方法などをご紹介します。

 
 

 

②ハインツの「おうちハンバーグ」>>
 

 

 

TOPに戻る