HOME

PRESS1

「ハインツ おうちハンバーグ本格化プロジェクト」ではこのたび、ティーンのおうちハンバーグ事情をさぐるべく調査を実施しました。そこから見えてきたことは、「晩ご飯のおかず」としてハンバーグがとても愛されているということでした。10代らしく、肉料理を好むこと自体は予想通りでしたが、その中でもなんとあの「焼肉」をおさえ、「ハンバーグ」が好きな肉料理ランキングの1位に輝いたのです!

 
なんということでしょう。さらに「好きな晩ご飯のおかず」という問いでも「ハンバーグ」が圧倒的な1位、そして「特別な日につくってほしい晩ご飯のおかず」でもステーキをおさえ1位となっていました!

 

 

 
 

 

図1
 

 

ティーンのみなさん、ほんとうにおうち晩ご飯のハンバーグのことを愛しているのですね。

 

 

しかし一方で「自分で作れたらいいなと思う晩ご飯のおかずは何か?」の問いでは「ハンバーグ」は第8位でした。自分でつくるのではなく、お母さんや誰かにつくってもらっておいしく食べる。ティーンにとってハンバーグはそんなごちそうであるようです。実際、どのようなハンバーグが好きかと聞くと、具体的な調理法や特徴だけではなく「家で母がつくってくれるハンバーグ」という回答コメントが見られました。

 

 

逆にお母さん側の声をきいてみると…、手作りハンバーグの工夫として「玉ねぎを多めによく炒め、肉と混ぜる時こね回さずに生地を優しく丸めて形を整える」、「塩麹をつかう」、「ハンバーグの中に、チーズやうずらの卵を入れる」、「豆腐や野菜を入れてヘルシーにする」、「パン粉の代わりに食パンをちぎって使う」、そして極めつけは…「愛情」なる回答がみられました。お母さんは子どものために色々と工夫を凝らしているようです。

 

 

 

 

 

図1
 

 

 

 

なお私たち「ハインツ おうちハンバーグ本格化プロジェクト」としては、みなさまにより本格的なハンバーグを楽しんでいただくためのコツとして、ハインツ日本の横田シェフからの以下のようなコメントを紹介しております。

 

 

・「パン粉の代わりに食パンをちぎって使う」時に、パンの耳まで入れたり、フランスパンを切った時のパンくずを使うと、焼いた時の香ばしさが増してよりおいしくなります。
・玉ねぎは炒めた後よく冷やすとよりジューシーな仕上がりになります。
・焼くのではなく「煮込みハンバーグ」にするのもひとつの手です。煮込みハンバーグは焦げ付きや生焼けの心配もなく、ふっくらジューシーに仕上がります。
・普段はウスターソースやケチャップなどで作るソースを、市販されているデミグラスソースに変えるだけで、一気にお店のような雰囲気になります。

 

 

詳しくはこちらより